ひなたぼっこ

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

自分に

2016/09/12(Mon) 01:42
今日は長いっす


ここしばらく お風呂に入って寝室へ向かう というたったこれだけの行動が出来ないでいた
夕ご飯を食べて その後活動が出来ないのだ

ソファで寝てしまっている時もあれば 起きていてもお風呂に入る気にも 寝室へ行く気にもなれず
ただ テレビを見ていたり スマホをいじってみたり

昨日は 寝ていて気が付いたら 夜中の3時
その時間からお風呂に入って 寝ると 翌日の活動開始時間が遅くなる
それでも 何もないときはいいのだけれど 来週に迫った出店のために 制作の時間を多めに取りたいと思っていた

さすがに 3時くらいになると まずい と思いお風呂に入るわけだが
お風呂に入り 湯船につかった時 強烈に自己否定していることに気が付く

どうして 自分がやったほうがいい って思っていることが出来ないんだ
しかも そんなに難しいことじゃない そんなことも出来ないからお前はダメなんだ

きっと ここ数日 同じことを繰り返すたびに 私はこの言葉を自分に浴びせていたんだと思う
なんて表現すればいいんだろう 追い詰められて どうしようもなくなって
私は心の中で叫んでいた 最初は言葉も出ない

あ~~~ あ~~~ あ~~~~~~~~~
しばらく叫んだあと 出てきたのは  もうやめて・・・ もうかんべんして・・・ どうしても できない・・・

思い出されたのは 小さいころの自分だった
私は 母の望む色んなことが できなかった

仕事で疲れて帰ってくる母は 使いっぱなしのコップの山をシンクで見つけては怒っていた
使ったものは出しっぱなしのリビングを見ては 怒っていた

やった方がいいのは わかっていた でもどうしてもやれなかった

姉と仲が悪かった私は いつも喧嘩ばかりしていた 喧嘩をしては 勝てない私は大声で叫んだり泣いたり
そのたびに 叩かれたり 大きくなったのにいつまで泣いてるの と怒られた

それだって どうしてもやめることは出来なかった

どうしたらいいのかわからなかった どうしても出来なかった でも それを許されることはなかった



自分力ワークを初めてから もう7~8年になるのか
あれはいつだったんだろう 完全に被害者としての自分を採用していた私は 人の痛みや気持ちに想いを馳せる
なんて考えも及ばないでいた
ある日のワークで それをすることを提案されて そこから人の痛みや気持ちに意識を向けるようになった

私は 頭の中で 感覚で 想いをよせるってこういうことだろう ということを実践してきた
そうすると 感謝されることが増えていった

最初はよかった
だけど 段々 さらっとされる感謝では 足りなくなっていった 私はこんなにしたのに って思いがわいてくる
それでも その自分を抑えつけて 相手に想いをよせる自分を選択していると

相談されるようなことが起こったり 何かを求められるようなことがあると
私にはあなたに与えられるものは何もない・・・ わたしだって与えられてないのに・・・
私こそがそうして欲しいのに・・・

なぜ私にそれを求める 私にそれを求めるのなら ちゃんと感謝して ちゃんと返して!!
私だって  欲しいのに  私だって足りないのに  わたしからこれ以上奪わないで!  そういう思いが出てきた


私は 愛とは 相手を理解することだ と認識していた
相手を想い 心を寄せる

そして 自分の認識できるところでは その自分を選択してきた

でも 私はそれを自分に向けることを あんまりしてこなかったんだね
だから私のそれは 自己犠牲になっていた

私がそうして欲しかったのに わたしこそがそれを必要としていたのに
なぜ 与えるばかりしなければいけないんだろう になっていった


私が 外にむかってしてきたように 自分にしようと思った
できない どうしてもできない ゆるして・・・と泣いていたら 私はなんて言うだろう?


きっと私は 自分がしてきたようなことを 人に求めていたんだろう
自分を抑えつけてでも 相手のことを思って行動しろ と それが愛だって

私はそうしてきたのに  なぜおまえはやらない?
なぜおまえはできない?  甘えるな  甘えるな!
そう こころの奥で叫んでいた



愛ってなんだろう それを知りたいの望んでから
この出来ない自分 が出てきたと思う 望むとちゃんと現実が動いてくる すごいな










気持ち コメント:0 トラックバック:-
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。