ひなたぼっこ

2017 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

いやなのであ~る

2016/08/09(Tue) 05:40
あれはもう数年前の出来事になる 
師匠が私たちとの間に壁を感じて それを壊していこうとしていくれた時期だったと思う

何度か本拠地である東京のワークに参加したり 東京でしか受けられないセッションを受けに行った時
ワークやセッションの後のプライベートに近い時間をともに過ごさせてもらったとき
師匠の在り方や 複数でいる状態での調和のとれた関係性を体験した


昨日 名古屋メンバーの一部が集まりシェア会をした
今月 出店とグループワークが重なり参加できなかった部分を仲間がシェアしてくれた
その中に 家族やパートナーとのコミュニケーション・関係性の話があった

この 否定性を体験する まさにそれが極まってきた世界を 外側を変えようとしてもそれは無理であること
変えるのならば自分の波動の次元を変えること それにより外の世界の次元が変わること
それにはまず その最小単位である 家族の関係性を 調和のとれたものにしていくこと

ざっくり言うと そんな話だったと受け取った
そして ため息が出た^^;  最近うっすらと その方向性を感じるような情報が目に、耳に入ってきていた
やっぱりそこか・・・

^^; いやなのである いやなのであ~る い~や~な~の~で あ~る (3回も言ってみた)
もんもんとした それゆえに意識をここでないところに飛ばした時間をすごしたのち
明け方お風呂に入っていると いやなのであ~る伯爵(だれだ^^?)が出てきた

あぁいやなんだな って そこと向き合っていくのがいやなんだ と 感じている気持ちを全身で感じた後
あぁ でも 腹をくくるしかないんだ という気持ちが出てきた


最近 ガラスのほうは順調に波に乗ってきているなぁ と思っていた
思っていたし ではここからどう進化していくのか とも思っていた 同じことを繰り返していても面白くない

その次の一手が ここなのかな と思った
おりしも 先月グループワークに参加できなかったから 久々に東京でワークを受けようと東京行きを決めていた
お風呂からあがるとき ふと あの数年前の東京行きのことを思い出し

このための東京行きなのかもしれないな と思った 腹をくくるため そうしようと決めるため

そして師匠が先月提唱してくれた 新しいノートお越しも 人と向き合っていくうえでの在り方のヒントに
なるのだな と思った
そこに そう生きてきた師匠の在り方が その波動がのっかってるはず

出来事は そこに挑戦することを私が私に 許可した方向に流れている
 

・・・でもいやなのであ~る (≧▽≦)








気持ち コメント:0 トラックバック:-
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。