ひなたぼっこ

2017 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

からっぽ

2016/08/08(Mon) 02:10
周りからどう見られているかわかりませんが 会社員の時とか 私は出来る人でした(おいっ(-ω-)/)
でも それって とっても偽りの姿^^;

小学校のころ 忘れ物を取りにうちに帰らなかった日はないんじゃないか?ってくらい 忘れ物大王でした
・・・・女王かな?(んっ?それはどうでもいい?)
中学校のころは いつも遅刻寸前で ごくまれに早く学校へ向かう通学路で友達に会うと
友達が えっ?もうそんな時間? とびっくりするほど

いつも この踏切が下がったら遅刻 って最後の関門があって
下がってきてる踏切に突っ込んで通り抜けたこと数え切れず(良い子はまねしませんように)

そんな自分を知っているので いつも失敗をしないように 私の頭はフル回転
あれをして これをして あ~したらこうなるから ect・・・
そうやって 出来る自分を作り上げてきました

意識はいまここにはありません いつもこの先を どう間違わずに進んでいけるかでいっぱい


最近 やっと新しい設備を購入するお金がたまりました
で ここで悩みだす 電気炉を先に買うべきか? バーナーを先に買うべきか?
今はまだ どちらか1つしか買えません 

どっちが必要か 考えるべきではありますが 考えてもどっちもどっちなのであります
その中で どちらが正解か?を導き出そうとします

それをぐーっと考えます もう頭の中はいっぱいで ぱんぱん
今日は 彦根のガラス教室でした 帰りの車の中で あぁいつも不安をベースに 頭フル回転だな~ と思ったとき
ふと以前師匠に言われたことを思い出しました

信じる ということ
今はその答えがわからないけれど 私はその答えを導き出すことができる と信じること

それを思い出して 一旦それを手放しました きっと答えは出るだろう と
そうすると 頭の中に余白が出来ます そして意識が今に戻ってきます
今ここにある世界を感じることができます

こないだのセッションで師匠に言われました
「自分の中心には 何もないとしたらどうする?」

その言葉の意味を ずーっと考えていました
それって 信じることとつながっているかな? と思いました

いつもそこは空っぽで でも何が来ても大丈夫で そしてどんな答えもそこから出てくる と
そう信じていたら いつもはそこは空っぽで それを信じてリラックスしてればいいんじゃないかな? と

それが信じられないと いつも頭はフル回転 答えを探して右往左往 になるんじゃないかな~ と





感じる コメント:0 トラックバック:-
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。