ひなたぼっこ

2017 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

包みこむ

2016/07/20(Wed) 09:40
soratama5
sora-tama



ずっと 自分の中にゆるせない自分がいた

人を下に見下す自分
人の気持ちがわからない冷酷な自分
もろもろ

全然調和の中にいない まさしく分断のエネルギー 居心地がわるくて
どうしてこんな自分が出てくるんだろう どうしたらいいんだろう ずっとそう思っていました

その私は 物事がうまくいきだすと わかりやすく出てくる

ずっと その自分を抑えつけるしか出来ずにいて そんな自分ではダメだって思っていて
最近は その都度その都度 その自分と向き合ってきました



その自分が 劣等感を持っていたり 傷ついていたりしているってところには その都度行きつくんだけど
どこか理解が浅いのか やっぱり出てきては 手をこまねいていて

昨日 仲間の一人が 気づいたことがある ってシェア会をひらいてくれた
まさに この話で 
その時は うんうん そうそう そうなのよ って思っただけなんだけど

なんて言うのかな 出てきてしまう自分と 深く劣等感を感じたり 傷ついたりしている自分が
一致した って言うのかな
この 出てきてしまう自分は あの自分なんだ と合致した感じで

見下してしまう自分や 冷酷な自分を 何とかするんじゃなくて
そのままでは 存在するだけではダメだ と思っている自分に 焦点をあてればいいんだな と思ったのです

それらの自分が出てきてしまうのは いまは仕方のないことなんだ と思えて
その自分にやさしく包みこむように ゆるしていこう みたしていこう 思えて 昨日の行動につながったんだと思います



この sora-tama は 出来上がった時から強く心が引かれていました
本当は委託先に送るつもりでいて 箱に入れたつもりでいたのに なぜか入れ忘れていて
発送してから残っているのに気が付きました

今の私に必要なんだな って思いました

光の粒につつまれて浮かんでいる気泡は わたしだって思ったんです
自分の存在を認められない そんなわたしを やさしく光で包み込んでいく

なんだか この後のわたしが どうなっていくのかの作品の絵も見えるようです
それは まだもう少しあとの私のエネルギーで表現したいな と思います



※昨日の記事を少し修正していますので よかったらお読みください








ガラスと気持ち コメント:0 トラックバック:-
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。