ひなたぼっこ

2017 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

反抗期

2016/01/20(Wed) 10:17
ずっと 何かの庇護のもとにいたんだな と思った

親の 学校の 社会の 妻であること 母であること 役割があることの
そこは いつも窮屈だった

小さなころは許されていたことが、少し大きくなると
「◯◯年生にもなって、いつまで泣いてるの!」と泣くことも許されなくなっていく

学校には 訳のわからない規則がいっぱいあった

満員電車にギュウギュウになって 会社にいった

お母さんなんだから …
いつも そこにあるルールに縛られて 怒ってた

でも いつも私は守られていた その窮屈な世界に属することで
与えられた世界で 与えられたことをしてればよくて 人に対して文句まで言えた(^^)

ホント マトリックスみたいだな

今 息子が反抗期を迎えている
で あっ私も反抗期? と思った

この理不尽な世界に対する怒り
それに屈する自分に対する怒り

そこから抜けようとするときに対峙する弱い自分

ここ何年かかけて 大丈夫だよ ひとりで立てるよ ってことを学んできたんだと思う
で めでたく反抗期

そんなとこにいるな って

鍵は
自分に問うこと 信じること








気持ち コメント:0 トラックバック:-
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。