ひなたぼっこ

2017 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

希望が見えるから

2013/12/06(Fri) 08:40
誕生日 ある出来事を通して 痛みを受け止めるということはこういうことなのか

という経験をしました


しばらく前に 旦那との間に起こった 衝撃的な出来事

そこで感じた痛みを 消化しきれておらず 何度も涙があふれることがありました



振り返ってみると 私はそういった痛みがあったとき

それを 怒りとして ぶつけやすい人にぶつけて その場をしのいでいました


今回は ある事情で それを封じられていました


行き場のない 痛み 憤り を抱えて どうしようもない所に落ちて行きました

たぶん その時私はようやく自分の痛みと 真正面から対峙して

受け止めたのだと思います


その時 ようやく 知識でしかわかっていなかった 人の痛みを

自分と同じものだと感じ 自分もまた 加害者であったことを理解しました


そして その連鎖を止めようと



それに気がついた日 uokaoのワークがありました

私が受け止めた痛みは まだその一部であって 残っていることがわかりました


ギリギリのところで それを受け止める 自分の器が大きくなる

その日の経験は まさにuokaoの言う通りのものでした


ならば その全体を受け止める自分になることを決めました

また 何かあるでしょう 




ふと そう言えば 何度もこういう体験はしてきたな と思いました

自分の未熟さを受け止めたり 自分のみじめさを受け止めたり

受け止めるたびに 少し大きくなって前に進んでいたんだな と


みっちーが先月のワークで言っていたように 今ギリギリのところで

自分が受け止められるものが 現れてくるんですね



そう言えば こないだ長野でお話ししてきた作家さんも言っていました

進むたびに 何かを超えて 超えた分だけタイミング良く 次のステージが訪れ

今に至るんだ と


何かを 掴み取っている と感じる人は

きっと ここをクリアしていくんでしょうね


その作家さんが言っていました

そこを突き抜けるかどうかで 自称アーティストか 本物かがわかれる って



uokaoのワークで もう一つ 作家として先へ進むため 受け入れるものが浮上してきました

それもまた 超えていくことを決めました


痛みを受け止めることが目的ではありません そこに希望が見えるから



なんだか 色んなものが そこに向かうことに繋がっている ぼんやりそう感じます



uokao 素晴らしいワーク(いや一人だったから セッションだね) ありがとう
気持ち コメント:4 トラックバック:0
コメント:
--No title--

喉が ぐって言うほど 心に沁みました。
ひろこの気付きと体験を聞かせてくれて ありがとう。
by: NORI * 2013/12/07 00:26 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

私に力を与えてくれるメッセージです。
ひろこの力強さと希望を感じるよ。
by: tomoko * 2013/12/08 02:12 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

NORI
こうして分かち合える仲間がいることがとてもうれしい
いつもありがとう(^。^)ノ
by: ひろこ * 2013/12/08 15:27 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

tomoko
こういうやりとりが私に力を与えてくれます
ありがとう
by: ひろこ * 2013/12/08 15:33 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://hinatabokko261.blog56.fc2.com/tb.php/1574-83433e72
Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。