ひなたぼっこ

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

個性

2012/08/03(Fri) 13:41
今日はuokaoと VEGAシナジーワークの打ち合わせをしてきました


その中で uokaoが少し前から始めた お花をする時 に何を意識しているか

私がガラスをする時 何を意識しているか そんな話から

皿洗いの話になりました(なぜそこから皿洗い?^^)


少し前にその話が出たのですが 

私はお皿を洗ったら それらが食器カゴに すべて収まるように整然と並べるのです

片やuokaoは そうは出来ない と言うのです


では 二人がお皿を洗っているとき 何を感じているのか?


私は 整然と並べることを目標に どの順番でお皿を洗っていけばいいかを考え組み立て

それにしたがって洗って生きます そう話した時 きっとこの人は違うんだろうな と思い

もしかして お皿がきれいになったな~ とか思いながら洗ってる? と聞いたら

ドンピシャでした^^


私の頭にその時浮かんだのは

uokaoは プロセスを楽しんでいて

私は結果が大事

という考えでした


そして ここからが問題

私はそこで uokaoの方が正しい と思ったのです

そして これからはそうしよう って


これが発覚したのは それに続きがあったからでした

目の前にあったゆで卵をもって これがどう見えるのか? を聞いたのです

返事は 丸くてかわいいもの でした

私にはそれは ゆでたまご 以外の何物でもなかったのです


私の捉え方は左脳的で広がりがなく uokaoの捉え方は右脳的で広がりがあるように感じる

という話をした時

uokaoから それは個性で それを否定して自分で無いもの 丸くてかわいい と

思う自分になろうとしてないか? とご指摘が^^



確かに そうなんだけれど そうなんだけど 私の考え方では

創造することに結び付かないような気がする と話したところで

いや 自分を肯定することこそが 創造へ結びつくんでは無かったか? と思いだし


結果を求める 答えがはっきりしている 数学的なものが好きだ と話したら

uokaoが 数字や数学の方程式は美しものだよね と


そう言われた時 さっきまで ゆでたまごだったものが 

美しい流線型を描く 図形のように見えたんです



「美しい」 と



私は心のどこかで 結果がはっきりしている数学が好きな左脳的な自分を

感覚的ではない と判断していたのです

そして その自分にはセンスがない 創造的ではない と


けど その判断を外し 個性として受け入れた時

自分には無い と思っていた 感覚的なものが ありました


これを書いている今 周りのものの見え方が違っています



自分のすべてを そう受け止めようとしているuokaoだから言えることだと思いました

心からの感謝を ありがとう


気持ち コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://hinatabokko261.blog56.fc2.com/tb.php/1102-7e49fb07
Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。