ひなたぼっこ

2017 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

自分に寄り添う

2012/06/28(Thu) 14:00
昨日 友達のみやこに借りたマンガを読んでいました

それから 毎月小学校から回覧される ゆうゆう という雑誌も


3月のライオン というマンガを借りたのですが

その中で 女の子がいじめにあいます 

そのいじめに直接かかわれない主人公は その子の話を聞き

自分の出来ることをしていきました


書くと とっても当たり前のことなんだけど^^ ぜひ一度読んでほしいです


結局そのいじめに立ち向かうのは本人なんです

自分の気持ち 自分のほこりにしたがって 自分を貫き通すことが出来るかどうかは

本人にかかっているのです

けど そこに寄り添う人がいることは 全然違うのだな と思いました



今日はいじめについて語りたかったのではなく^^

今自分がそんな状態にいるのだなぁ と思うのです

けして誰かにいじめられてるわけじゃないですよ^^


まぁ そう考えてみると 自分で自分をいじめていたのかな?


いじめられた自分 いじめていた自分 その両方の気持ちに寄り添っている


以前 みっちーが もう一生その自分のままでいい って思うくらい

その自分を受け入れる と言っていました


今日ね 友達のフェイスブックの書き込みにも そんなことが書いてありました

自分の嫌なところをごまかさずに持ち続ける って



もう少し このまま この自分に寄り添っていきます
気持ち コメント:2 トラックバック:0
コメント:
--No title--

>以前 みっちーが もう一生その自分のままでいい って思うくらい

>その自分を受け入れる と言っていました

これはきっと、とっても覚悟がいることなんだね。

わたしは
昔、逃げて逃げて逃げまくって
じぶんでどうしようもなくなって
そうなってやっと
逃げ切れないことや
そのことがどんなことを引き起こすのかが理解できた気がしたけれど
未だにね、覚悟ができているかといえば
自信はまったくなくて

でも、逃げていたじぶんと
逃げないじぶんと
どちらが、こころに風が通るような感じがするかというと
やっぱり逃げないじぶんなんだよね。

だからといって
痛みはまだ感じるから
らくちんにはなっていないし
いつもギリギリで苦しくて
しょっちゅう逃げたくなるよ。

でも
ひろこさんにしても
nana&Joeさんや
そこでであったひとたちも
そういう中で、どうあるかを
いつも見つめてきているひとたちがいるのを
わたしは知ってしまったからね。
逃げるわけにはいかないなとおもう。

がんばるで~。^^

by: つき * 2012/06/28 17:11 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

つきさん
ありがと~ また話そうね^^
by: ひろこ * 2012/07/01 22:50 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://hinatabokko261.blog56.fc2.com/tb.php/1079-8c5d165f
Next Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。