ひなたぼっこ

2015 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

まず

2015/05/31(Sun) 14:26
150531


さぁ まず自分がそう生きなければね

今日は いい風が吹いています 工房に置いてあるIKEAのチェアーに座って 何も考えず、何もせず 静寂の時間を過ごしていると

竹林から 風に揺られて擦れ会う竹の音が響いて とても心地いい

外に向いていた気が 自分の方に戻ってくる

仲間のことが浮かぶ この瞬間も みんな自分を生きている
うん 次に会うとき 恥ずかしくない自分でいよう




気持ち コメント:8 トラックバック:-

信頼

2015/05/30(Sat) 14:33
150530
子供のころ 実家の薬箱にはこんな富山のお薬が入っていた
完璧ではなかったけれど 思い出してみると そこには無償の愛があったな と感じる




どんな行動にも動機があると思う(意識しているにしろ 無意識にしろ)
自分の行動の動機が 想いやりの気持ちであったとしても 私はいつも不安と共にいた

それは 常に自分の中に それとは真逆にあるような自分がいたから

どんなに想いやりで行動していたとしても それは本当だろうか? と思うのだ
自分の中の その 意地悪な 相手を貶めてやろう とか 相手の不幸を喜んでいるとか
そんな自分で行動していたのではないだろうか? ずっとその不安があった

自分を信じ切れなかったのだ

今月師匠に言われたのは
自分には愛と 優しさと 想いやりがある その一点をもって自分を信頼出来る
それは 他人に対しても 自分に対しても そう行動してきた と

自分の否定的な部分に対しては それらをもって受け止める 否定的な部分があってもいいんだ と
外にむかっては そのうえで 愛を選択して行動する

そうしてきた自分への信頼がある と


その言葉を聞いて そしてある出来事を通して実践してみた
言うほど簡単じゃ無かったです 反射的に自分の否定的なパーソナリティが反応して
100%愛ではなかったと 自分でもわかります

その未熟さに2日間ほど悶絶していました

でもね ただ未熟なだけなんだな と思ったのです それはとても痛いことだけれど
その痛みをもって 次にいかせばいい
ちゃんと痛みを受け止めて 次に生かそうとする それは 愛と想いやりと優しさを実践していこうとする自分だな と
それは信頼できるじゃないか と

と同時に 今まで 相手を想いやらないとか 考えが足りない とか そんな風に見えていた他者も
ただ知らないだけなんだな ただ未熟なだけなんだな と思えた
そこをもってその人を判断していたりしたけれど そこじゃない
何を基準に生きて行こうとしているのか 師匠がみてるのはきっとそこなんだ



この前 バシャールの動画を見た その中で彼が「I love you   ALL  EACH  FOREVER I love you」 と言っていた
それを聞いた時 師匠が私達に発する 「愛してるよ」 という言葉の波動と同じものを感じた

なんて言葉で言えばいいんだろう
表面的じゃない 深いところからくる 深い所に響く  きっとあれが 無条件の愛 の波動なんだなと思った
包み込むような 大きな 優しい


まだまだ 行動しようとするたびに 未熟な自分に悶絶するんだろうけど
愛をもって行動しようとする そこをもって自分を信頼していける それは 大きなおおきな希望だ






自分力ワーク コメント:0 トラックバック:-

無意識って・・・

2015/05/29(Fri) 12:05
150529



昨日仲間と話していて 努力と苦労がイコールになっていた という話をしていた


一昨日 テニスの全仏オープンの錦織選手の試合を見ていて 試合中解説の人が話していたことを思い出した
全仏オープンを含む いわゆるグランドスラム 4大大会 というのは 男子の試合は3セットマッチ
つまり3セット先にとった方の勝利になる
私の知る限りでは それ以外の大会では2セットマッチ つまりMAX3セットで結果がでるといことになる

3セットマッチの試合では MAX5セット戦うことになる
そしてこの全仏オープンというのは クレー(赤土)のコートで その特徴として 玉の威力が弱くなる
結果ラリーが続くことになり 試合時間が長くなるのだそうだ

錦織選手はこのクレーコートで あまりいい成績を残したことがなく もしかしたら5セット戦ったことがないのかな?
解説の人が 彼が「クレーのコートで 5セット戦う世界を体験することが楽しみだ」 と言っていたという話をしていた

その時 あぁそうか 彼は未知の世界を楽しみにしているんだ と感じた
体力的にもきついその試合を そしてたぶんレベルの均衡した上位の選手との間で起こるであろうその試合を
体験することを楽しみにしているんだな と

それは最近うっすら感じていたことだったんだけど この時は 目からウロコ的に エネルギー的に感じた
そっか そのためだよな って

そうなはずなのに ガラスをしているのもそうなはずなのに いつの間にか そのために努力していることが苦労になってることが多いんだな って
そして苦労するという現実を外側にも作り上げる ちゃんちゃん

ホント無意識ってやつは・・・




写真 コメント:2 トラックバック:-

楽しい一日

2015/05/27(Wed) 21:15
150527

今日は暑いな~と思っていたら 30℃を超えていたんですね 34℃とかだったらしいです
昨日も今日も30℃超えだって教えてもらって どうりで昨日工房へ行ったら くらくらしたわけだ

と言うわけで 心地よい季節はあっという間に過ぎ去り 暑さとの戦いの日々がやってまいります
冬は寒い 夏は暑い しかも風吹くと炎が揺れるので 足元にしか扇風機は回せない

この過酷な環境で バカじゃないか?と思うのですが 楽しいのですね 
あぁそうか バカだったのか うんうん

しかし あんなに汗だくだくで作るガラスが涼しげ って一体全体どういうことでしょう?


と そんなバカ話はおいといて 
今日は 友人の娘さんの成人式の前撮りにお邪魔させていただきました
カメラマンと一緒に 友人もクラッシックカメラをつかって娘を撮る しかも母の着物を着る と聞いて
それって それって それって~ その空間を見たい~

いやね 迷いましたとも お邪魔してはいけないな~ とか色々 で 今までだったらやめてました 
でもね 断られてもいいじゃないか って ダメでもともと ってかダメでしょ普通

だけど 自分の望みをかなえてあげようとすることを 何もしないであきらめることはしたくないな と
自分の望みをかなえる為に出来ることをしたいな と 結果どうであれ そこで自分を信じられるな と

ありがたいことに 急なずうずうしいお願を 友人もカメラマンさんも当人も 快く受け容れていただけて
なんかね~ とてもいい撮影会だったのですよ
可愛いし 母の着物に 母が学生のころ作った帯締めに それを母がクラッシックカメラで撮る(その母をこっそり?私が撮る^^)

もうね ホント愛がいっぱいの 楽しい一日を過ごせました 
心から感謝です ありがとう




写真 コメント:4 トラックバック:-

響き

2015/05/26(Tue) 10:55
150526

師匠の声はびっくりするくらいよく響きます 大きな声を出しているわけではないのに
遠くにいても聞こえちゃうのです

日曜日 時々電話で話す友達と話をしていたら 「声が変わった 以前より響く」 って言われました
自分ではさっぱりわからないのですが もしかしたらそれは 今月の自分力ワークの影響かもな って思いました

ずっと自分と繋がり 全てと繋がるということを目指してきました 正確に言うと 繋がっていることを思い出すということかな

外に見える 切り離してきたものを 全て自分だ という視点で認め受け容れる
その全てを自分が創っているということを受け容れる
そう書いていたら きっとその統合が進むにつれて 全ては一つだということがわかるのだろう と思った 

そして 在りたい自分を選び 在りたい世界を創造していく

なんのためにそれをしたいのか そこで何をするのか 自分のやっていること やってきたことの輪郭が その先が
少しずつリアリティをもって見えて来て それと共に 自分のなかに何か芯のようなものがあるのを感じるのです
それはとても力強くて とても穏やかで とても心地いい

声は響きだから 音は波動だから 自分が変われば声が変化することはあるのだろう と思います


今日は快晴 心地よい風が吹いて とても気持ちいい
ワークのボイスレコーダー起しをして 学んだこと 体験した波動を 自分の中に定着させて
地に足をつけて行動していこう



気持ち コメント:2 トラックバック:-

頑張れっ

2015/05/21(Thu) 09:56
150521


昨日の夜 翌日からの修学旅行にそなえて10時には床についた娘
11時ごろ リビングで本を読んでいると 階段を娘がおりてきました
「バカだな~ってわかってるんだけど・・・」 10時ごろすごい雷がなって 怖くて
なんだこの天気は?ってネットを見たら これは地震の前触れかも・・・ なんてことが書かれていたらしい

旅行先は伊豆経由東京 伊豆で船にのって釣りをするらしいのですが
船に乗ってる時に 地震がおきたらどうしよう・・・ 津波が来たら・・・ 妄想は止まりません

私は 何にも出来なくて 15分くらいかな よしよししながら話を聞いて まだ怖いってんで寝室の私のベットを譲って
今朝は よく眠れたってスッキリした顔で出かけて行きました

あわただしく家族を送り出して ほっと一息ついた時 娘のことを思い出して 少しずつ成長していくんだなって思いました
頑張れって思って そこで あぁそれは自分にも言ってるんだな って思った

新しい世界が開けて来て 怖くて そんな自分に 頑張れって

私は “ありのまま” って言葉が いつもよくわかりませんでした “ありのままの自分でいい” って
今朝ふと それって 怖いから今のままでいていい ってことじゃないよな って思いました
怖くても大丈夫 ありのままの自分を出していけばいいんだよ ってことだよな~ と




写真 コメント:0 トラックバック:-

分析の前に

2015/05/19(Tue) 14:59
150519


分析を始める前に なぜなんだろう?と考える前に
そう感じている自分を そう考える自分を “これもまた自分なんだ” とゆるしていくことが必要だな と思った




次回出店が決まりました

クリエイターズマーケット
日 時 2015年6月20日(土)・21日(日) 11:00~18:00
会 場 ポートメッセなごや3+2号館
ブースNO 3号館E-196
入場料 前売1日券750円/2日券1,300円 当日券900円(小学生以下/大人1人につき2名まで無料)
URL http://www.creatorsmarket.com/

※当日700円になる割引券があります 希望の方はご連絡ください






写真 コメント:0 トラックバック:-

“クリスマスの約束”

2015/05/13(Wed) 10:36
150513


昨日の夜 ついつい小田さんの“クリスマスの約束2014”を見だして ついつい 他の年のまで見だして^^;
ベットに入ったのは3時過ぎ・・・ でも不思議なことに最近朝目覚ましの前に目が覚めるのです
・・・・と・・・・歳?

2001年 最初の“クリスマスの約束”が企画された時の 小田さんの想いは
「今 大切なモノはいったいなんなのか 同じ時代を生きて 音楽を作ってきた人たちを認め 愛し 尊敬すること」
と語られていた

毎年の“クリスマスの約束”の中で 打ち合わせ風景・練習風景が映し出されたり ゲストがどんな練習が行われたかを話したりする
「この男は細かいんですよ~死ぬかと思った」 「怒って帰った」 「その日の練習は12時間にわたった」 

以前“小田日和”ってアルバムの制作過程を放送していた→コレ

そのどちらからも真剣に音楽に向き合っている姿 あきらめず出来る限りのことをする姿がみられる
自分がそうしているから 自分が音楽に真剣に向き合っているから 同じように音楽に向き合っている人を
認め 愛し 尊敬することが出来るんだな と思った

小田さんのゲストに対するエネルギーは 優しく 愛にあふれています
2013年 メドレーに参加していたゲストが言っていました 「ここに居られることを誇りに思う」 と
それも小田さんは語っていました 一年に一度ここに集って またそれぞれ離れて そこに意味がある と

それぞれが自分を生きて その人たちが集って作り上げる空間は 愛に満ちているんだな と感じた
だからいつも涙が出るんだ







小田さん コメント:8 トラックバック:-

大切なものは何か

2015/05/12(Tue) 14:21
150512
ネタが尽きてきたから そろそろ撮影に行こうかにゃ~



なんの為にそれをするのか 先月の個人セッションでそんな話になった

私はよく ^^; やる気が出なくなる 気分を変えて持ち直す時もあれば そのまま堕落の底へ^^落ちて行く時もある
そんな時 自分を責める 楽な方楽な方へ行こうとしている そう考えていた

セッションで得た 新しい視点は やる気を出す為に 本気でダラダラすることだった

“やる気を出す為に” そこが大切と決まっていないと 一般常識 あるべき自分 理想の自分 そこに意識がむいて
ダラダラしているなんて・・・ やる気が出ないなんて・・・ そこで自分をさばくけれど
やる気を出す為に その時間が自分にとっては必要 とわかったら とても楽になった

何が大切か そこが決まっていれば 全てが完璧でなくてもよくなる 
今 大切にするべきはこれ と譲れることが出てくる

ダラダラに限った事ではないな と思う
今 何のためにそれをするか そこで大切なのは何か それがわかっていないと 収集がつかなくなる

そして 何のためにそれをするか 何が大切か がわかっていると そこを外さなければ結果がどうあれ自分が納得できると思う


この前の出店の時 私の目的は 循環することだった 
あの エナジーシリーズを買って行ってくれたおじさんとの出来事は まさにそれだったな~と思う

たぶん京都の時のように 無意識に結果に意識を向けていたら あのおじさんは うんちくをたれたいだけの買って行ってくれないおじさん という認識の元 あしらうように対応していたと思う
確かに一瞬その思考はよぎったけれど 私の意識は 自分を作品を表現するほうに向かったし それを楽しんでいたし
それでいい って思っていた

結果がついてきたせいもあるけれど とても充実感を感じる一日になったのは
なんの為にしているか 何が大切か そこを持っていたからだったのかもしれないな と思った






写真 コメント:0 トラックバック:-

君の誇れる

2015/05/11(Mon) 14:12
昨日 怒られた
それはしごく正統性のある 怒る というよりも 注意される というものだった

けど 私はフリーズ・・・ 怒られた 怖い というところで止まってしまった
そこからの私の行動は それ以上失敗をして相手を怒らせないようにして ビクビク緊張状態なのだ
もう怒られないように 相手を怒らせないように 意識がそこにロックオンされてしまっている

先日の出来事とも繋がっているように思うのだけれど
私は 失敗は取り返しがつかないもの ぐらいに思っているっぽい

冷静になってみると 注意やしかる ということは 相手だってして心地いいものではないと思う
そんなこと しないで済むならしない方が なんぼか楽だし
それを押してやってくれること

それは 未熟な自分が成長するチャンスなんだと 自分にはそれが出来るから作った現実なんだと
それを越えて行くことが自分の自信になっていくんだと
やっと そんな考え方が自分の中に入ってきた

未熟だったな と 不注意だったな と 次に生かしていこう ありがたいな と思いました

未熟なものはしょうがない やってみなけりゃわからない 失敗してなんぼ そして成長していく
避けて通ってきた分だけ怖い

でも 一人じゃないって思う こないだ車の中で 小田さんの「matane」って曲を聞いていた
“きみは僕の大切な人” ってフレーズで仲間の顔が浮かんできた 
辛くて泣きたい時 いつも一緒に居てくれた 大切な仲間
先日の怖れと向き合う時 ここであきらめたらもうみんなとは一緒にいられないな って思った
 
“同じ時を行くものとして 君の誇れる自分でいたい” 
こういうのなんて言うんだったっけ? 一線を越えない防波堤みたいな言葉あったよな~ う~んわからん



気持ち コメント:0 トラックバック:-

届けたいのは この想い

2015/05/05(Tue) 14:01
150505



GWも あと2日ですね みなさんいかがお過ごしでしょうか?

GWの直前に 杜の宮市で作品を購入いただいたお客様から 嬉しい注文をいただいて やったーっと思っていたら

急転直下 自分の弱さともろ向き合う出来事があり もうこのまま望む世界になんて行けないんじゃないか
ってとこから 首の皮一枚のところで帰還しました
先日の出店で得た収入の全てがパァになるんではないか って出来事だったのですが(結局ならなかったんですけど)
もう ちゃんと受け取っていこう ちゃんと稼いでいこう そしてやりたいことをする為にちゃんと大事に使っていこう
お金・豊かさにたいする考え方もちゃんと意識していこう って決めました

そして これは先回の出店の時に意識していた 循環 ってことに繋がるんだなって思いました
どこかで 止めようとしている私がいて 得たそれらが無くならないように 止めようとしていた

今回の出来事は それはちゃんと回っていくんだ ってことを 感覚的に自分に教えてくれたように感じています
得たものを 次に自分が表現していくものにつなげて また循環していく
きっと 自分の心がそこで広がった分だけ 広がりをもって循環していく それが信じられる っていうような感覚かな

なんかそれが 本当にそうなんだ 大丈夫なんだって 感覚で感じて なんだか自然に涙が出てきて ちょっとビックリした
すぐ忘れちゃいそうなんですけどね でもきっとあれは 自分の中心に居る時の感覚


さて 明日は子供たちとちょっと遠出を予定しているので 本日は注文の作品を制作します
心をこめて 使ってくれる方たちに想いを寄せて 今感じているものが作品を通じて共鳴を生み そして循環していくことを信じて








写真 コメント:2 トラックバック:-

止まる時も一生懸命

2015/05/01(Fri) 11:55
150501


うちの旦那は優しいんだった と書いたところから お試し勃発!!!!!
いや 大したことではないんですけどね なんか いや~なエネルギーのやり取りが起こりました

何か 問題が勃発すると ピキッとエネルギーが止まり まったく動けなくなるのがパターンで
いままでは それをどうにかしなきゃ と思っていたんだけど
先月の自分力ワークのセッションのテーマが だらける時も一生懸命 だったので
もうこうなりゃ 止まったまんまでいましょう と

すんなりとはいかなかったけど 友達のメールや ブログや 色んなところにヒントがあったり
あぁそっか と思うことがありました

優しいからと飲み込むことは違うんだな と
相手を否定するのではなく 本当は優しくて不器用なだけなんだな と受け容れたうえで
自分の言いたいことを言う それが何を言うかではない エネルギーなんだってことだな って

少し理解が深まりました って言うほど簡単ではないですが 次はリアルタイムで実践を目指します

そして 一日止まっていた時間も無駄ではないんだな と少し認識が変わりました
やっきになって答えを探すのではなく いったんそこを離れることで見えてくることもあるし
止まっているエネルギーも自然にうごくのだな と









写真 コメント:0 トラックバック:-
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。