ひなたぼっこ

2012 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

自分に寄り添う

2012/06/28(Thu) 14:00
昨日 友達のみやこに借りたマンガを読んでいました

それから 毎月小学校から回覧される ゆうゆう という雑誌も


3月のライオン というマンガを借りたのですが

その中で 女の子がいじめにあいます 

そのいじめに直接かかわれない主人公は その子の話を聞き

自分の出来ることをしていきました


書くと とっても当たり前のことなんだけど^^ ぜひ一度読んでほしいです


結局そのいじめに立ち向かうのは本人なんです

自分の気持ち 自分のほこりにしたがって 自分を貫き通すことが出来るかどうかは

本人にかかっているのです

けど そこに寄り添う人がいることは 全然違うのだな と思いました



今日はいじめについて語りたかったのではなく^^

今自分がそんな状態にいるのだなぁ と思うのです

けして誰かにいじめられてるわけじゃないですよ^^


まぁ そう考えてみると 自分で自分をいじめていたのかな?


いじめられた自分 いじめていた自分 その両方の気持ちに寄り添っている


以前 みっちーが もう一生その自分のままでいい って思うくらい

その自分を受け入れる と言っていました


今日ね 友達のフェイスブックの書き込みにも そんなことが書いてありました

自分の嫌なところをごまかさずに持ち続ける って



もう少し このまま この自分に寄り添っていきます
気持ち コメント:2 トラックバック:0

情熱

2012/06/21(Thu) 02:41
以前 気質のセミナーを受けに行った時

nanaさんと藍色シアンさん に言われたことを思い出した


ガラスって 炎も使うし 炎って風も使うし ガラスの材料は地だし

素材感は水のようだし すべての気質を持ってるね って


情熱って 火のようなイメージが在ったんだけど

けど そこに表されているのは 炎だけじゃなくて

水のような優しい感じだったり 風鈴の出す風の音だったり

冷たいけど優しい地の感覚だったり


本当に 全部を表現できるんだな~ って 

なんかスゴイ! すごく嬉しい 
気持ち コメント:0 トラックバック:0

2012/06/21(Thu) 01:59
ここ数日行き先を失ったかのような感覚で 非常に心もとなかった



それでも 何かに引かれるように 岡本太郎の本を読んでいた


「子供のころから私は自分の胸の奥深いところに神聖な火が燃えているという

動かしがたい感覚を持っていた。 それは誰にも冒させることのできない

絶対的な存在感なのだ」


これを読んだ時 私の中にも その炎がある と感じた

情熱 って名前の炎


勘違いかもしれない 影響を受けやすい私は 本の影響を受けたのかもしれない

けど それならそれでいい 今 確信のように私の胸のあたりにそれがある


ずっと これを出したかった 表現したかったのかもしれない

そう思うと 色んなことが合致する



以前に 神との対話のリトリートに行った時 I see You というワークをした

二人ひと組になって ただ相手の目を見る というワーク

その時 私は相手の人に 強い情熱みたいなものを感じた

情熱的だって言われませんか? その時 私は彼女にそう言っていたけど

それは 私の中に在るものだったのかもしれない 


エネルギーが湧いてくるような感覚がする

何をする ということではないけど 自分がどうしていけばいいのかわかる気がする


それは決して楽な道ではないけど^^ 今までのように 早まった~

とか言いながら進んでいくような気がするけど

今は希望を感じる 踊りだしたい気分だ やっと見つけたって気がする



気がついたら 21日になっていた

夏至 だね  台風も去って 大きなエネルギーの流れに助けられたのかな


今日から 6月の自分力ワークです

今月も えっちらほっちら東京からみっちーとMIEKOが来てくれます
気持ち コメント:0 トラックバック:0

岡本太郎さん

2012/06/19(Tue) 14:52
台風ですね 少し前から雨も風も強くなってきました


少し前に フェイスブックで見つけた 北野武さん の詩を転載しました

そう言えば 以前テレビで 大学に通っていたある日 空を見ていて

ふと大学をやめよう と決心してお笑いの道に入った と話していました


あの詩を書くにいたった彼は いったいどういう人生を歩み

どういう考えをもって生きてきたのか それに興味がわき 

どんな本を書いているのか調べてみました


アマゾンでそれを調べていたら この本に興味がある人は こんな本にも興味がある 欄に

岡本太郎さんの本がありました


わが道をあゆんだ という印象の彼の人生にもやはり興味がわき

今手元にあります 「自分の中に毒を持て」 まだ半分くらいしか読んでいないけど

これはまさにスピリチュアル本だって思いました


スピリチュアルに生きた人が その生き方を語った本

その生き方がエネルギーで伝わってくる


今 一歩が踏み出せない人

今 こんな自分では というループにはまっている人

そんな人にお勧めだな と思いました
気持ち コメント:0 トラックバック:0

決める

2012/06/13(Wed) 23:14
私は決めた 無条件に あなたを 愛することを

私は決めた 無条件に 私を 愛することを


そして その中でくつろぐことを
気持ち コメント:0 トラックバック:0

ファイト

2012/06/12(Tue) 03:52
人は 本当に 弱くて 小さいのだなぁ と思う

そして 本当はみんな傷ついているのに それに背を向けているのだなぁ って



昨日 情熱大陸 という番組に 小田和正が出て話したこと


いくつも曲を創っていくと 

最初は らしいね と言う

しばらくすると マンネリ と言う

それでも続けていくと 普遍的 と言う

本当に勝手だよなぁ 

アーティストはね 弱くて 傷つきやすいんだよ と



続けて 先週録画して 見ていなかった情熱大陸を見た

若手音楽プロデューサーが出ていた

番組の中で 本当はブログもツイッターもやめたいんだよね と言っていた

だって僕ね ネット上ですごく評判が悪いんですよ って

非難されている書き込みを見せていた


彼らが弱い と言っているのではない

彼らは 自分の弱さを知り それを受け止めて そして自分の道を生きている と思う


自分の大きさを知らないと 弱さを受け止められないで 

それは人を攻撃する

けど 弱さを受け止められないと 自分の強さに気づけない そんな気がする


こないだから 中島みゆきの歌が 頭の中をぐるぐるしている


ファイト~ 戦う君のことを~ 戦わないやつが笑う~

ファイト~ 戦う君のことを~ 戦わないやつが笑う~



みっちーが言っていた 

ちゃんと傷ついて 自分はそれを受け止めるだけの 大きな愛であると信じて って


私もちっちゃい 
気持ち コメント:0 トラックバック:0

ほどけていく

2012/06/11(Mon) 14:34
ここしばらく 家族の中で自分が 孤立してる っていうのかな?

そんな感覚があった


べつに 今までとあまり何も変わらないように毎日は過ぎていくのだけれど

何かがおかしい と

自分が孤立している と思った時 自分が何を感じているのか もう少し繊細に自分を感じてみた

そこにあったのは さみしさ だった


それに気がつくと そう言えば 結婚する前実家にいるとき 私はずっと

それを感じながら生きてきたな~ と思った


それを感じたくなくて イライラしていたこと

こないだ久しぶりに子供を怒鳴りつけた時に 気がついた


それに気がついたら 自分も旦那を切り離していたことに気がついて

そこに愛を向けたら そこがほぐれて

そこがほぐれたら 旦那も自分がモヤモヤしていたことに気がついて

そしたら 事の発端は 旦那が私に優しさを向けた時 私がそれを拒否したことだとわかって


それを思い出したら そのからくりが見えてきた


過去 私もそうだったように いや今も完全ではないけれど

痛みを抱えている人に 優しくしようとするとき 

ついつい励ましてしまうんだな と


人が癒される時 それはただただ そのままを否定せず寄り添ってもらえる時で

確かに 旦那は あの時私に対して優しい気持ちをもっていたんだろう

けど それは励ましとなって 癒しを起こさなかった


その認識をしていなかった私は 彼を拒否して 自分でなんとかする と言ったらしい

そこから歯車はずれていった



この話は これだけではなくて 付随して色んなことが見えてきた

色んなことが絡まりあって 複雑に感じる現実が創られている

でも その大元は一つなんだと 感じる


気づかずに 自分がこれからしたいと思っていることの 予行演習みたいな感じにもなっていた


ホントに色んなことが繋がっている

それが ホロホロホロ~ とほどけて言っているような感じ 
気持ち コメント:0 トラックバック:0

ガラスバカ

2012/06/09(Sat) 14:07
昨日は 名古屋の工房で吹きガラス

もうね 熱いです 汗噴き出しまくり ・・・ まだ6月なのに~



そんな中 工房のスタッフの一人は 6月のちょっと大変な 展示会 に向けて

9時間ぶっ続けで 一つの作品を作り上げたそうです

・・・・・9時間って お昼の12時に作業を開始して 夜9時に終わったって・・・

当然熱いし 食事もしてられないし


あの 涼しげな作品の裏に そんな壮絶な時間が横たわっているなんて だれも思わないだろうな~



そんなガラスおバカな人たちと 話をするのは とても楽しい時間です

繋がる って 気持ちが同じ方向を向いてる時にも 感じるんだな って思いました

気持ち コメント:0 トラックバック:0

自分

2012/06/09(Sat) 03:11
最近 以前はまったくわからなかったことが わかるようになったり

以前わかった と思っていたものが 深くなったな と思う



ずっと 無意識無意識 と言っていたけど それすらあいまいであったと思う

私は 私の思考だけを信じて この人生の多くの時間を生きていたんだと


私の身体も 私の本質も いつも声を発していたのに それに耳を傾けてこなかったのだと


自分力ワークで MIEKOがボディワークをしてくれる

もともと整体師であったし チャネリングが出来る彼女のしてくれるワークは

自分で自分の身体の声を聞く その手助けをしていくれていたのかな? と思う


ワークでそれが出来たのだから 日常でもそうすればいいのに ほぼ無視していた

よっぽど身体に不調が出た時だけ そこに意識を向けていた


不調があるときでも ない時でも 私の身体はいつも声を発していたことに気がついた



そして 本質・・・神との対話では 魂 と言っていた

これもよく本などに書いてあるけれど 自分の呼吸

意識しても出来るし 意識していなくてもしている

そして 内臓にいたっては まったく意識せずすべての活動を行っている

では それは誰が動かしているのか?


自分が認識している自分でないことだけは確か 

では 誰が?

その自分がいる と思ったことがあるだろうか? その自分を感じたことがあるだろうか?


私が初めてその自分に気がついたのは その自分がいるんだ と知識として知り

そして 強く強く その自分がいることを体験したい と望んだ時だった



その3つ すべてが自分なんだ と その3つが統合された時 それが自分なんだと

そう教わったことを思い出した 


少し前にもかいたけど 自分の身体に意識を向けると 心地よさを感じる

同じように 本質と繋がっても 心地よさを感じる


存在が喜びである とはこういうことなのかな? と思った
気持ち コメント:0 トラックバック:0

繋がっている

2012/06/08(Fri) 14:28
毎日 色んなことが起こる


なんでこんなことが起こるのか まったく見当もつかないようなこと

否定的な感情を感じること 嬉しいこと フイに来るメール


それぞれまったく関係ないところで起きるのだけれど 

それらの事に対して今まで学んできたことをしていくと ふっとそれらのことが繋がる


あぁ あれもこれも ここに繋がっていたのか! と


そして それは自分が望んでいたもの に繋がっていたのだ とわかる



私が 自分を生きる という意味もわからず でも人生を変えたい と

動き出したころ 上に書いたことが起こるのには 時間がかかった


自分が忘れてしまったようなころ それが叶ったりするものだから 

自分が 現実を創っている とはなかなか思えなかった


けど 最近はそれが速攻でくる

だから わかりやすくて 見つけやすい


これは 私だけに起こっていることではなく すべての人に起こっていること

そこにあるカラクリを知り すこし気をつけていればそれがわかると思う



ガラスの個展が終わった後の 自分力ワークを経て 

何のためにガラスをやっているのか そこに意識が向くようになった

同じように Vegaシナジーワークも


なんの為に って また小難しいこと言ってる と思う人もいるだろうな

私の中にも そう思う私もいます^^


楽しければいいんじゃないの? と私の中のその人はいいます

じゃあ 楽しいってなに?

あまりにも漠然と楽しい と言うけれど 楽しいは人それぞれ違う

実は こういうことが楽しい と思っているようなことも 本当は楽しいんじゃなく

その形が楽しい と植え込まれたものだったりする


私たちは あまりにも無意識に生きているのだな と しばらく前に痛烈に感じました

24時間のうち どれだけ自分とともにあるだろう

どれだけ自分によりそっているだろう どれだけ自分の本当の望みをかなえているだろう


その 無意識さ加減に 愕然としたんです^^



あれっ なんか話が横道にそれた^^



そうそう 個展が終わって なんの為にガラスや ワークをしているのか

そこに意識が向いたら 自分の中から その答えが出てくるような

そんな出来事が パタパタと起こっていた 

昨日も そうだとは気づかず そこに繋がる出来事が起きて

今日 ガラスに向かう車の中で そこで感じていたものを感じていたら

スルスルスルッ と その答えが出てきた

そして同時に 自分がそのためにしていくことも 見えてきた


毎日起こる出来事のなかに なにかキーワードのような言葉がある

ちょっと心に引っかかるような言葉 って感じかな~

そこを意識していると見えてくるかな~ 検証中^^




書き終わって気がついた~ 楽しいってなに? って話を書いたけど

このブログの題名のところに 自分の楽しいとは? って書いてある~^^

おもしろ~い
気持ち コメント:0 トラックバック:0

歌旅2

2012/06/07(Thu) 22:04
もう一つ 歌旅 で思ったこと

ものすごい大きな 現実を動かすようなエネルギーをもった 中島みゆき の

周りにいる人たちは どう思っているのだろう? と


それは もうあらがいようのない 大きなエネルギーだから 降参~ という

感じでは在るのだけれど


もし 大きい とか 小さい とか そんなことに捕らわれていたら

そこで一緒にいるのは無理だろう と思った


どこまでも 自分自身であること それでしかそこにはいられないだろう と





どこまでも自分の中心を意識し 在る というところに意識をむけると

それは 自分のことだけ考えているような 周りに意識を向けていないような

そんなふうに思うのだけれど

それは 思考

意識をそこへ向け 内へ内へ とはいっていくと

そこで繋がっている


確証はないのだけれど そんな気がした



気持ち コメント:0 トラックバック:0

歌旅

2012/06/06(Wed) 22:57
本日 Vegaワークの後 中島みゆきの“歌旅” 見てきました

いや~ すごかったです

なんだかエネルギーワーク受けた後のような感覚で ちと頭痛いです^^


歌の歌詞はほとんど頭に入ってこなくて 歌の歌詞がどうこうじゃなくて

そこに流れるエネルギーがとにかくすごかった


七変化・・・って言うのかな? けして小林幸子みたいに 衣装が七変化なわけではなく^^

色んな中島みゆきがいて でもどれも中島みゆきで

どのパーソナリティって言うのかな? どのキャラクターの中島みゆきも

中島みゆきで・・・なに言ってるんでしょうね^^


とにかくね あぁどんな自分も こうやって表現していいんだ って思ったんです

否定せず表現すると それはすべて自分になっていて


私はその映像を見ながら 24時間 私でいよう って思ってました


自分を表現する って もっと特別なことと思っていたけど

常に自分でいること それが自分を表現するってことなんだなぁ~ と^^



以前 気質 というワークを受けました

生まれてから7年の周期で 自我が出来あがっていく段階で

もともと生まれもったものを否定するところから 生まれもったものとは

別の気質を身につけていく ということを知りました


これは 先日自分力で教わった 自己否定の仕組みにとてもリンクしているな と思います


私の教わった気質には 水・風・火・地 の4つの性質があります

生まれもった性質を否定するところから それ以外の性質であろうと

それらを体験し それで在ろうとしても それは否定の上になりたっているから

不安定なままで またそれを否定するというループにはまっているのです


自分力では 外側の後に生まれた否定を統合し そこから一番最初に否定した

自分の本質の性質を見つけ そこを肯定性にシフトしていく 土台を変える

ということをしているのだな と思います


要するに 生まれもった性質 その後に身に付けた性質 そのすべてを

自分に統合する 


どの自分も 偽りの自分ではなく 本当の自分となり どの自分でいることも

自分の自由になるのだと思います


中島みゆき本人がそういう人なのかはわかりません

けど あの映像の中には そういうエネルギーを感じ


そこにある 受け入れられているエネルギーに触れることで

難しい と思っていたことが いとも簡単に感じました


私が私であること そう言えば それが助けになるんだったな と思い出しました

気持ち コメント:0 トラックバック:0

任せる

2012/06/03(Sun) 10:04
昨日 グランジュッテ って番組をテレビで見ていました

テキスタイルデザイナーの女性が出てきて 兄弟に比べて自分には

絵の才能が無い というのがコンプレックスだった と言っていました

そして 自分の人生を通して 


どれだけ 好き って思えるかが 才能


と言っていました おんなじこと言ってるな~ って思いました


情熱を持てる その時点でその道は開けている って^^






今朝も TREをやりながら 自分の身体をいしきしていました

昨日は簡単に意識出来た 在る ということが

今朝は簡単にはいきませんでした



昨日の結果を求めている私はあせります

そうすると頭がフル回転しだしているのに気がつきました


昨日は初めての体験で どういう感じなんだろ~ と興味心身でやっていたことが

その結果を求めるから 昨日はどうやったんだろ~ と頭を使いだす


頭の中は わからんわからん どうしよ~ と必死^^




この わからない ということが 私にはとても苦痛なのです

わからない ということは 私にとっては 自分を否定するところにつながるから



そう気づければ そこにあった痛みに寄り添い 

そして わからない状態のまま 頭ではなく ハート や 身体を信頼して

お任せすればいいんだとわかりました


それは 自分だ と信じていたところとは 違うところを信じること

だから まだすんなりとは行きません

ホントビックリしました 本当の自分こそを どれだけ信じられないか

どれだけ切り離してきたか





けど わかりました

みっちーがよく 理論は理論で覆る と言います

頭をこねくり回して出した答えは 不安定なところに出来た答えだから とても不安定で

そして そこ結びつけるのにとても時間がかかります


一方 ハートや身体から 出てきた答えは 本質からくるものだから

絶対的な安定感をもちます



自分が頭で得てきた知識を 体験を通して自分のものにしようとしているように感じます

それを(自分の本質)知っている というところから それを生きる というところへ



ガラスをすること そして個展を通して 今にいたるその理解

好きが才能

とりあえず^^ それを信じて そしてハートにそって行動したところから得た理解だな と思います

だから揺らがない


そんなこと言ったって 好きだけではイチローにはなれないでしょ?

もって生まれた才能って在るよね って言われるかもしれない


けど 揺るがないのだ^^ 面白い♪



気持ち コメント:0 トラックバック:0

在る

2012/06/02(Sat) 15:18
自分を愛する と決めて まだ一日しかたっていませんが

自分の身体に意識を向けてみると

どんだけ そこに意識を向けていなかったかに愕然とします

エネルギーを向けていなかった 無視・・・みたいな


私の意識はいつも 拡散していて 本当に夢の中だったんだな という感じ



自分を 存在を否定していたことに気がついて

在る ということの価値 について考えてみた

考えてみた というか 在る と言うことに意識を向けてみた感じかな


何もしていないのだ 何もしていなくてただ自分が在る ということに意識を向けてみる

そこには何もない 何もなくて ただ在るだけなんだけど 

なんて言えばいいんだろう? それだけでいい という感じ


けど そこに向けば向くほど さっきから肩に激痛が^^

私の中の何かが 置いてかないで って言ってるのかな



フェイスブックで見つけた 詩を一つ


「騙(だま)されるな」
          ビートたけし

人は何か一つくらい誇れるもの持っている
何でもいい、それを見つけなさい
勉強が駄目だったら、運動がある
両方駄目だったら、君には優しさがある
夢をもて、目的をもて、やれば出来る

こんな言葉に騙されるな、何も無くていいんだ
人は生まれて、生きて、死ぬ
これだけでたいしたもんだ


(『僕は馬鹿になった』ビートたけし著 より)





気持ち コメント:0 トラックバック:0

愛する と決める

2012/06/01(Fri) 12:21
ここにいたり 自分を愛していないな と改めて思う^^

とりあえず 自分の身体は愛してないな と


愛を感じるし 沢山の自分を受け入れてきた と思うし

けど 根本的なところ 根源的なところで 自分を否定しているな と


5月の自分力ワークで 否定の多重構造 なるものを 図で見せてもらった

根源的な自分を否定している そこのところで頑張っている自分

そうである自分なら愛せる


そんな感じになっていた^^



そんなことに気がついて 改めて自分を愛する とはどういうことか

調べてみた


そして 自分を愛する ということを自分に宣言してみた

すると 私はどういう行動を 取ろうとしたか?

・・・・ちょっとビックリしました


こんな自分は愛せない と思わせるような行動を改めようとしたのです

ようするに こういう自分なら愛せる と思っている自分になろうとした


あ~こりゃビックリ^^




愛せる自分になるのではないのです

また どんな自分でも愛することが出来る自分になるのではないのです




ただ 自分を愛する と決め そうするだけなのだ




自分のすべてを 身体も 思考も 感情も 

そのすべてを 愛で いつくしみ 受け止める


自分の身体 すべての存在をそのままに感じ

在るものを 愛でる ということは とても心地いいものなんだな と初めて認識した^^
気持ち コメント:2 トラックバック:0
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。