ひなたぼっこ

2010 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

平等

2010/10/30(Sat) 03:33
昨日テレビをつけたら 池上彰さんの番組がやっていた

どうしてインドがIT大国になったか というお話をしていた

インドは言わずと知れたカースト制度の国

生まれた時から カーストの階級によって仕事が決まってしまっているらしい


しかし ITは カーストのワク組みの中には無い新しい職業

だから どの階級の人でも その仕事にはつくことが出来るんだそうです


カースト制度を無くしても 深く根付いて無くならない 身分の差が

新しい風が吹き 思いもよらない方向から 変わっていこうとしているんだな と思った



どうして こんな話をしたか と言うと

娘が以前通っていたバレエ教室 お友達がいるのでそこであるいざこざが耳に入ってくる


明朗でないお金の話 手放したくない才能のある子に対する明らかな差別 などなど


自分も体験したあんなことこんなこと を聞くうちにモヤモヤした気分になってくる

そして浮き出てくるワード 平等じゃない

そこに痛みがあったことを認める そして今に戻ってくる その痛みは今感じている痛みじゃない



平等 って難しい

今表面の見えている世界だけを見ると 平等なんてありえない

お金を持っている人 持っていない人

何か突起した才能を持っている人 持っていない人

そこに平等を求めたら 苦しみしか生まれない だから苦しんできた


では みんなに等しくあるものとはなんだろうね

気持ち コメント:0 トラックバック:0

どうにもならないこと

2010/10/29(Fri) 01:34
無限の可能性のある と言われるこの世界で

どうにもならないことが一つだけあるなぁ と思いました


それは 私が私であること


その唯一のどうしようもないことに 必死になって抵抗していたんだなぁ と思ったら

そりゃどうにもなりませんぜ!! と自分で自分に突っ込みを入れてました(笑)


今の自分であることを 楽しもう

それが次へと繋がっていく 方法だなぁ って




今まで 自分より何かにひいでている人を見ると そうでない自分を責めていた

中心にいる人を羨ましく思い そうでない自分が悲しかった

だけど そうでない自分であることを 受け入れ その時の自分を楽しもうと思った

ううん 楽しめると思った

いやいや そう思った時 受け入れがたかった自分を想像し 楽しんでいたのだ



私はずっと 体の中に意識がある と思っていた

だけど 意識の中に体があるのだ という事を教わった

気持ち次第で 現実は変わる そこには無限の可能性が広がっている


自分がゆるした分だけ 可能性は広がる

だったら 枠を設けるなんて もったいない

想像は無限 想像の中ではどんな事だって可能だ


今までその想像力を ネガティブなほうにばかり使ってきた

もうそれには飽きちゃったから 楽しいことに使おう


楽しいことに使っても 小さな自分を置いてけぼりにするわけじゃないことはわかったし




今日は奈良の作品展の立ち番に車をとばして行ってきた

雨で いつもなら嫌だなぁ って思うんだけど

今日は浄化だなぁ って思った

流れがはやくなって 簡単に肯定性の世界へ行けるようになってきている

ってなことを あっちこっちで耳にする

この雨が みんなをまとめて浄化しているようなそんな気がして

あの雲の上には すごくキレイな空があるんだろうなぁ って


今まで 雲しか 雨が降っていることにしか意識が向かなかったけど

目に映らなくても 私の中に青い空を思い浮かべれるんだなぁ って

すごいな
気持ち コメント:0 トラックバック:0

岡山に行って

2010/10/26(Tue) 22:06
しばらく前から 空を見てキレイだな と思う事があった

今日気がついたのだけど その時 絵の中の雲のようだな とか

写真のような雲だな とか そう思っていたことに気がついた



おかしいよね

自分の目で見た空を 写し取ったのが 絵であり写真であるのだから

あの絵は よく空を写し取っているな だよね


私は 絵や写真でしか 空をちゃんと見ていなかったんだな って


なんだか 自分の視野がとってもせまかったのとかぶっているようで

笑えるやらなんやら


一つも同じ雲なんてなくて 光や雲や風に画かれた空は やっぱり一つも同じものは無いんだな

だけど 空は空

美しい時も なんだか恐ろしいような時も 物悲しい時も 色んな表情を見せてくれる

それは私の心の在りようで変わってくる


空を見て その表情で物悲しくなるのだと まだ思っていた

それすら その時の自分の気持ちを映し出している


今朝 空を見てキレイだな と思った時

そのキレイは 確かに私の中からあふれ出たものだと認識出来た



悪いことが起こると 自分がどんな事を考えていたからそれが起こったのだろう?

そんな風に 出来ごとの源を自分の中にさがしていたのに


楽しい事や 美しい事 そういう事は まるで降ってわいた出来事としてとらえてきた


それは 私の内なる源から出てきているんだ

昨日岡山の自分力に行って それを体感してきた




帰りの岡山駅で ゆかりちゃんが言ってた

ひろこちゃんは現実創造が出来てるね って


どんなに現実創造が出来ていても 幸せを感じられないのが 逆に辛かった

どこをどう満たしていけば いいんだよっ!!!! って(笑)


外に何かを求めても無駄な事は一目瞭然だった

そしたら私は何のためにガラスをやっているんだろう? なんて思う事もあった


だけど それも外側を見ていたんだな って思った

ガラスをやっているから 楽しい んじゃなくて

私の中に 楽しい があって 私の楽しいはガラスだった

ガラスは私の楽しいを表現する ツールの一つだったんだ って



ガラスを始めようと思ったあの時

私はどこから 楽しい を拾い出してきたんだろう? って思い出してみると

それは想像力だった

小さなころ好きだったことを思い出してごらん

そう言われて ガラスを思い出して そしてエアー吹きガラス(エアーギターみたいなやつ?)

をやってみた


きっと楽しかったんだね

それは近所のガラス教室 という形で現実化して現れた

あとは その流れに乗るか乗らないか



楽しい流れに乗っていたんだなぁ って思った

だからこそ 次から次へと色んな展開が起こっている

それをまんま日常につなげていくだけで良かったんだよね




今日は色んなことを想像していた

あんなことしてみたら? あんなことしてみたいな

それがどんな現実を生み出しているのか ちょっとわかんないんだけど

もしかしたら 逃してるかもしれないけど


今まで頭を使うと ろくな事無いなぁ って思っていたけど

頭ってこういう風に使えばいいのかな? って思った

ちょっと意識して バカみたいなことも想像してみよ




自分の中に 楽しい の源があるんだと認識すると

自分が満たされているんだと感じる って

たぶん満たされている と感じるには 色んな方法があるんだと思う

で今までも色んな方法を提示されてきていたんだろうと思う


今の私には これがいいなぁ~ って思った


楽しいことだけを見ていると 自分の中の可哀想な自分だと思っていた部分を

おいてきぼりにするように感じていたけど

だから 楽しいことをしていても どこかに痛みを感じていたんだけど


それも大丈夫なことを体験してきた

まだ痛みはあるけれど きっともうすぐわかってくれる


気持ち コメント:2 トラックバック:0

何もしたくないなぁ

2010/10/23(Sat) 00:03
もう疲れちゃったな~ って思いました

幸せじゃないな って認めたら

幸せになろう としてたなぁ って気がついて

すんごく疲れちゃってるなぁ~ って



幸せじゃないな~ って思って

旦那さんに 幸せじゃない って言いました

幸せでも 幸せじゃなくても どっちの経験にもきっと価値はあるんだろうけど

だけど幸せじゃないな~ って思ったら 悲しくなって

幸せじゃないのは悲しいなぁ~ って

ただ それだけで

幸せになるために 魂が とか 観念が とか 今はそんな話したくないなぁ~ って



楽しくもないなぁ~ って 思ったら

今までどんだけ 楽しくないのに笑ってたんだろう って


楽しそうにしてないと 少しでも幸せなところを見つけないと

壊れてしまうような気がしてたのかなぁ


でも幸せじゃないなぁ 楽しくもないなぁ って今を見つめても

壊れはしなかったな

なんだかちょっと軽くなった気分で


もう楽しくない時は 無理に笑うのはやめようって思ったら

子どもたちがこぞって 変顔してくれて   笑ってた




すごく自分の価値を低くしていたんだと

それがどれだけ自分を傷つけていたのかを

今まで そんなことは何度も聞いていたし 口にしてきたと思ったけど

なんだかストンと落ちてきた



今も幸せじゃない だけど少し心が軽くなった気がする





10月も来週で終わりですね

来週は奈良で作品展あります 丁度 正倉院公開もしているらしいです

良かったら見に来てください

30日31日は 愛知県の知多半島でバーナーワークの作家さんのデモがタダで見れます

ガラスってどうやって作ってるんだろう? ってものが多いですよね

デモは勉強にもなるし 見てるだけでも楽しいですよ

見てみたいって人がいたら 一緒に行きましょう 声かけてね
気持ち コメント:0 トラックバック:0

ガラス

2010/10/21(Thu) 19:49
作品展に出すガラスを少しアップしました

sora-iro glass



それから今ムチュ~なブログ http://ameblo.jp/guruguru-shiawase/
ガラス コメント:0 トラックバック:0

好き嫌い

2010/10/12(Tue) 21:38
あぁこの人のこと嫌いだったんだ と思う事があった

全部じゃなくて こういうところが嫌いなんだなぁって


でも嫌っちゃいけない って思いがあって

そこんとこに目をつぶって 気付かないふりして そしたらだんだん気付かなくなって

表面的に取り繕った関係になって 当たり障りのない事しか言えなくなって

それは その人と真剣に向き合うことではなくて

その人に見る自分とも真剣に向き合うことではなくて


ある意味 無視している状態

無関心・・・・愛じゃないになってたかな?


嫌いだ と認めることが愛だな というのはわかった気がする


でもやっぱり好き嫌いのところがスッキリしない


好き嫌いがあると 扱いに差が生まれないか?

綺麗好きのお母さんの好みではなかった散らかし魔の私

そこで起こった扱いの差からも 私は愛されていないと感じていた


多くの人に愛でられる花

あまり見向きもされない雑草

そこには扱いに差が生まれるでしょう?

花も 草も それぞれを生きているだけで 扱いに差があったって何にも思わないよね

だけど私はそこで寂しさを悲しみを感じる 不足を感じる


なんかなぁ また変な所にぐるぐる入っちゃってる気がするんだよね

でもここで終わりにしても また同じところに来る


まぁわるぅ~まぁわるぅ~よ時代ぃ~はまわるぅ~♪

歌まで回りだしたよ~
気持ち コメント:3 トラックバック:0

作品展のお知らせ

2010/10/11(Mon) 10:08
作品展1

作品展2

お知らせが遅くなりましたが

奈良のガラス工房の生徒作品展に出展します

10月25日か28日 どちらかに在廊する予定です

また予定はアップします

今奈良は遷都祭で色んな行事があるみたいですね

工芸館はそんな中心部にあるから 在廊日にどっか行けないかなぁともくろみ中

車で行く予定だから一緒に行く人いないかなぁ




おまけ

以前に書いた栗城史多さんがエベレストから帰ってきました

10月24日夜7時~だったかな?テレビ東京でその特番が放送されます

それから1月8日に名古屋で 栗城さん・てんつくマン の講演会があるみたいです

行こうかな~ と思っているので 一緒に行きたい人いたら声かけてね
ガラス コメント:0 トラックバック:0

感謝

2010/10/11(Mon) 02:27
約1時間眠って 出発

2カ所あった渋滞は1ケ所だけに減っていた

意識は解消されたほうの渋滞にではなく まだ続いていた渋滞に向けられる

家に帰って あぁ渋滞がなくなったことに感謝していなかった と気付く

そして感謝しようとしている自分に気がつく


感謝はしようと思ってするもんじゃないね


感謝出来ない今の自分

悪いほう まだ残っている渋滞 に意識が向く 今までの癖


今日はその自分に気がつけたことを誉められた

よしよしよくやった

胸のあたりがジーンとしてる気がする


少しだけ感謝の気持ちがわいてきたような気がするけど

やっぱり 感謝してるぶりっこかな?

気持ち コメント:3 トラックバック:0

大渋滞

2010/10/10(Sun) 19:57
奈良の帰り~大渋滞(涙)

今日車の中で浮かんだこと

あ~なったら愛せる
こ~なったら愛せる
そうで無いから愛せない

そう思っていたけど

愛の反対は無関心だった

自分に意識が向いていると言うことは、愛している証拠

そのままの自分を愛している
だからこそ本来の自分に戻ろうとする


だから嫌いも愛している
嫌いは無関心じゃない


少し仮眠してから出発しよう
渋滞減ってるといいな





追記

地球の環境が悪くなったから といって地球を愛していないわけじゃない

表面的に変わったものを 嫌いだと思っても その根源にあるものを愛しているのは変わらない


う~ん 浮かんできたものを 言葉にするのは難しいね


気持ち コメント:0 トラックバック:0

勇気をふりしぼる

2010/10/09(Sat) 11:00
どこまでも自分に正直でいることが愛

それを信じて実践している


行動に移す ということはどういうことだろう?


そうすることが自分が愛であることを思い出す方法であることを確信していれば

そうすることに勇気は必要ない

では勇気が必要な今の私は まだそれを確信はしていない ということか


それを確信に変えるために 行動をするのか?

今もっている観念を書き換えるために勇気をふりしぼるのか


バシャールの「未来はえらべる」に書いてあった

勇気とは、行動をおこす時に必要な感覚ではありません

行動する前の「観念を変えるプロセス」にともなう感覚なのです



その観念が書き換わるのを恐れている ということか?

そう行動するのを恐れているのではなくて


心から今の現状を変えたい と願った時行動にうつせるのは

今持っている観念を書き換えることを受け入れたということかな?


では勇気が必要な今の私は やっぱりこの満足していない現状のままでいたい

という思いがどこかにあるのだろう

その自分を受け入れて 次へ行こう
気持ち コメント:0 トラックバック:0

ネタミン

2010/10/07(Thu) 22:03
                            ネタミン
ネタミン

出来たよ~ いやぁ~楽しかった♪

これね横から見るとちょっと猫背になってて

一応眉間にしわがよってて 初めてにしては会心の出来


以前にね ネガティブな感情を受け入れられた時作った作品には

そういうエネルギーが入っているんだ って言われたことがあって

ねたんでる自分をゆるせたから出来た作品

ドロドロした ねたみの気持ちも こんなキャラがねたんでるって思うと

深みにはまらず ねたむ事をゆるせちゃうかもな と思いました



ストラップにして持ち歩こう♪
ネタミンシリーズ コメント:0 トラックバック:0

ねたみキャラ

2010/10/07(Thu) 08:31
楽しい事思いついちゃった♪

こないだ 人と自分を比べまくって ねたみまくってるときに 偶然出会ったマンガ

「ねたみパンダ」 

さっき 私のねたみ心もキャラにしてみよう と思って

せっかくガラスやってるし

今からちゃっちゃと家事やって いっちょ作ってみます


ネタミンシリーズ コメント:0 トラックバック:0

正直に

2010/10/07(Thu) 08:10
昨日 子どもを愛せない 嬉しいをどう表現していいかわからない

そうだった友達と話をした


そうだった・・・彼女はもうそうでは無くなっていた


どうして? その問いに 彼女の口から語られる言葉は宝石箱を開けたようだった


すごく希望が持てた昨日

私も周りにいる人たちに愛されているのかもしれない と

言い聞かせるのとは違う ふっとそう浮かんできた

その思いは今朝もまだある



今旦那さんにどこまでも正直な自分で向き合う事をしている

そうすると 頭では愛されているんだ と思う時がある

なのにそれを感じられなかった

私はこの人を愛していないんじゃないか?

そもそも 子どもにも愛を感じない私は 誰かを愛したことはあるのか?


結局 自分をどこまでも赦して 肯定して 自分が愛であると思いださないと

向けられた愛も感じられないのだ と気がついた

どんなに愛を欲しがっても 与えられても感じないのであったらどうしようもない


愛されているのかもしれない そう浮かんできた昨日の夜

これなら一人で立っていられるかもしれない と思った

自分の周りを何かに支えてもらっているような気がした

大丈夫 そんな感じ



嬉しかった 希望が持てた でもその喜びをイマイチどう表現していいかわからなくて

喜びを表現することも 自分に正直になることだと 彼女が言っていたから

だからメガワークで 喜びも 怒りも 表現することを体験していたんだと思いだし

昨日の夜から 踊ったり 笑ったり ぎこちないけど練習練習
気持ち コメント:0 トラックバック:0
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。