ひなたぼっこ

2010 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03

POINTS&LINES

2010/02/28(Sun) 11:28
ガラス54

こんな感じでならんでました


見知らぬ人が、作品を手に取ってくれるのってドキドキして・・・でも楽しいね

たくさん可愛い作品が並んで、とてもいい感じの空間になってます

ぜひ時間があったら足を運んでみてください


いろんな方に 私はそこにいるのか? って聞かれましたが

残念ながら 日程が合わず 私はお店にはいません ごめんね

2日の火曜日お昼くらいに、友達を連れて行く予定なので

その日に来てもらった方には会えるかも

ガラス コメント:3 トラックバック:0

いざ

2010/02/24(Wed) 08:32
                        いざ 新しい世界へ
ガラス53


なんだかドツボにハマっていたところから抜けられたようです


きっかけを与えてくれたのは旦那さんです

うちの旦那さんも私と同じ教室に通い出しました(別々に)

男性用の教室が出来たよ という話に一度は行かないと言っていた

それが彼の選択だから・・・と諦めようと思ったのに

なぜか、どうしてもあのときは諦められなかった

出来ることを全てしていない って思って

行って と言うのではなく 教室でその時起こっている事を伝えました

その結果彼は行くことを選択しました


昨日思いました

彼が教室に行くことが必要だったのではなく(それは彼にしか分からないから)

私に教室に行ってる彼が必要だったんだって

だから私はあの時あきらめなかった



まず頭で理解しようとする私に対して

彼はそのままを受け入れます

そのままを受け入れて 体験して 体感して 自分の真実にしていきます

その彼の語った言葉は 力強く 私がどれだけの知識を持ってしても

キャインキャイン 降参です~ って感じです


人生は とてもシンプル 今はそう感じています



明日友達と遊ぶのが楽しみでしょうがない我が息子

毎週末にパパとビーチに行くのが楽しみでしょうがない我が息子

ポテトが食べられるのが嬉しくてしょうがない我が息子

食卓に好きな食べ物がのっていないと悲しくってしょうがない我が息子

だからって明日も食卓に好きなものが無かったら・・・なんて考えもしない

気に入らない事があると プーッとおこって ケロッとしている 我が息子

私の望みがここにありました


旦那さんが言ってました

息子はちょっとした事にも 心から喜びをワクワクを感じているでしょ

あれが極まるときっと 今ここで息をしている事が嬉しくって仕方無くなるんだと思うよ って



心が軽くなった途端 ワクワクが戻ってきました

好きなガラス作りをやっていても 納得いく作品ができても

どんよりとした気分でいたのに

ただ階段を上っている時に 不意にワクワクはやってきました


今日はガラス展に作品を搬入に行きます

初めての体験

どんな風にならぶのかな? すごく楽しみです

ガラスと気持ち コメント:0 トラックバック:0

だいじょうぶ

2010/02/23(Tue) 09:39
ガラス52


悩んでいる時 苦しい時

悩んでいるのは誰?

悩んでいるのは 私の愛おしい 小さな誰か だとしよう

彼(彼女)に なんて声をかけるだろう


「大丈夫 大丈夫」

「何を感じている? 何を感じていも大丈夫 それはいつまでもとどまっていはいないから」


知識はたくさん入ってきたよ

今度はそれを使って生きよう

体験してごらん

何をしてもいい 外へ出て すべては愛だから

だいじょうぶ だいじょうぶ






自分を見失った昨日の夜 自分を愛している自分なら

もしここで苦しんでいるのが わが子なら

私はどうするだろう? なんと言葉をかけるだろう?

その時浮かんだ言葉たち
ガラスと気持ち コメント:0 トラックバック:0

すべてが・・・

2010/02/22(Mon) 04:32
辛いこと

悲しいこと

怖いこと

嬉しいこと

楽しいこと

みんな体験してきたから

今それを感じている人の辛さがわかる

今それを感じている人の悲しみがわかる

今それを感じている人の怖さがわかる

今それを感じている人の嬉しさがわかる

今それを感じている人の楽しさがわかる


わかるから 愛おしい わかるから やさしくなれる

全部 愛に変えられる



この劣等感は まだ愛になってない・・・
気持ち コメント:0 トラックバック:0

あんぱんまんたいそう

2010/02/20(Sat) 02:52
今日は長浜へガラス教室

初めてボウルを作ったんだけど失敗ばかり

先生は薄く作れるようになってきたから・・・って言ってくれたんだけど

やっぱり作品が出来上がってこないとショック

いつもより疲れて帰ってきた帰りの自転車で自然に口ずさんでいた曲


「あんぱんまんたいそう」

もし自信をなくして
くじけそうになったら
いいことだけ いいことだけ 思いだせ
そうさ空と海を越えて 風のように走れ
夢と愛をつれて 地球をひとっ飛び
アンパンマンは君さ 元気をだして
アンパンマンは君さ 力のかぎり
ほらキラめくよ
君はやさしいヒーローさ


今壁を越えようとしているんだなぁって思った

こないだ名古屋の工房でレンタルで作品作りをしている人の素敵な作品を見た

ああいうふうに、基礎を押さえたうえで自由に創作をしていきたいって思った

だから今日は、ガラスを薄く吹くことを意識していた


だけど目先の作品が作れなかったことに囚われてしまった

自信をなくして・・・悲しかったんだ


でももう今までと同じような作品を作ることではなくて

次に進みたいって思ったことを思い出した

前に名古屋の先生が言ってたけど

作品を薄く作ろうって思うとみんな壁にぶつかるって

そこでやめてしまう人が多いけど

でもその壁を乗り越えると楽しくなるって


この壁を越えるには時間がかかるかもしれない

でもそれは前進だから



なとなく・・・自然にこの歌を口ずさんだ意味がわかった気がした

“もし自信をなくして くじけそうになったら”



気持ち コメント:0 トラックバック:0

その一瞬に

2010/02/16(Tue) 10:29
日常の中で、時間が限られている時のほうが動けるってありませんか?


私はよくあります

時間ギリギリまでブログを書いていて、あと10分!!!!に気がついて

必死に洗濯物を干す

その時ってもう他事は考えません いかに洗濯物を早く干すか!これに一身を込めます


反対に時間がたくさんある時

あ~洗濯物なんて干したくないなぁ・・・こんな思いがわいてきます

そしたらもうやりたくなくてやりたくなくてたまりません

干し始めたってダラダラダラダラしてるし、しまいには途中で他事をやりだす始末


今まで時間が迫ると出来るんだよなぁって なんとなく思っていました


今朝 曇りのち晴れ のかずちゃんの日記を読んでいて あぁ!って思いました
こんな内容・・・


今このとき 目の前にあるものに心をこめること。。。。
それが出来ているときには 自分がなくなります。
自分がなくなるということは 自分がその目の前にあるものの中に 活かされているということなのでしょうね。
とても軽くて、とても楽しい


もしかしたら時間がなくて必死になっている時

目の前のことのみに、その一瞬に頭も心も集中しているんじゃないのかな?と

過去も未来も無い、家事が嫌いな私なんて存在せず

ただその一瞬にいる私のみ


何度も何度も 先生に 今しかないんだよ って言われてきたけど

私にはさっぱりその意味がわからなかった

でもこういうことかなぁ?って


試しに今朝 たーっぷり時間があるのに

いかに早く いかに綺麗に 洗濯物を干せるか!

その一点に集中して洗濯物を干してみました

楽しい・・・・


この感覚はガラスを作っている時の感覚に似ている

何をしていても 楽しめるのかもしれない・・・

その時その時やっている事に集中してみよう


でも本当に大切なことはこの日記の後半部分だと思う



自分はほんとはなかったんだと。。。あるものは 愛だけだと



これを読んだ時何かが動いた気がする

私はこれが私ってものを作るためにここに来たんじゃなくて

私だからこそ体験できるものを体験するためにここに来たのかな?

だったらそのままでいることだけでいいのかな
気持ち コメント:0 トラックバック:0

じゃあどうする?

2010/02/15(Mon) 08:25
朝からちょっと汚い話でごめんなさい

下痢・・・ってみんなはどう思っているんだろう?


私はずっと病気だ!って思って今した

どこか体が悪いんだろう。症状を止めなきゃ!薬を飲まなきゃ!!

そう思っていました


こないだ野口整体の先生のお話を聞く機会があって

その時この話題が出ました

ちょっとびっくりしたのですが、下痢は浄化・・・体の中にたまったものを出す

そんな感覚の人がいるって言うのです

そしてそこに居合わせた人の中にも

それは性格・・・って言うか、なんて言ってたかなぁ?

その人のもつ性質のようなもので、感じ方が違うってお話でした


家の旦那さんは、浄化ととる人でした

たしかにその状態の時は、お腹が痛かったり、吐き気がしたりするらしいのですが

それは体にいらなくなったものが出ていく為で一過性のものだから

薬なんて飲まなくても大丈夫。病気じゃない・・・・そうとらえているって昨日知りました


それまで旦那さんや子供たちが下痢をしたら、私はほら整腸剤飲みなさい!

って彼らを病気扱いしていました

でもそれは自分の不安をなくすためのもの以外の何ものでも無かったんだって気がつきました


私のその行為は、娘に 下痢=病気 って観念を植え付けたみたいで

娘はパパがそうなると(よくなります・・・)いつも不安になっていました



昨日母のことを日記に書きました

母ももしかしたら、自分の不安をなくすために自分も子供も律してきたのかもしれない

そう思いました

レールから外れないように、正しい道を歩くように


私も子供たちを条件付きで愛してしまいます

自分のことも条件付きで愛していました

・・・これが出来たあなたは愛している

それはもしかしたら、私の中の不安や恐怖をなくすための条件だったのかな?と思いました



不安や恐怖も愛が形を変えたものだとニールさんの本に書いてありました

先生も言ってたよなぁ 愛しかないって

自分を愛しているから不安にもなるし、恐れも感じる


じゃあどうするか?

そろそろ次のステップへ


気持ち コメント:3 トラックバック:0

方程式

2010/02/14(Sun) 06:05
「~しないかん」

・・・・これって名古屋弁か?標準語だと「~しなきゃ駄目」かな?

この言葉を言われると みんなはどう感じるのだろう?



今日実家に行ってきた。帰り際に母に「ちゃんとしないかんよ。寝てばっかりいたらいかんよ」

って言われた「なんで寝てたらいかんの?」って聞いたら「夜寝なさい」って言われた


起こったことはこれだけ・・・・傍から見たらどう見えるんだろう?


その時の私の中では怒りが湧きあがっていた(一気に沸点超え~)

いつまでたってもこうだ!いつもあーせないかん!こーせないかん!!

なんでそのままの私を受け入れてくれへんの?なんで?!!!!


最初は自分が怒っていることにも気がつかなかった、胸のあたりがザワザワするだけで

急に子供たちのことが癇に障って、お説教しだして気がついた

あぁ私怒っているんだって!


怒っていることに気がついたら、少しスペースが出来たんだろう

今起こった出来事を考えてみた

きっとコタツで居眠りしている私を見て母が子供に何かを聞いたんだろう

子供がきっと母に「ママはいつも朝方まで起きていて、お昼ねしてる」とか言ったんだろう

だから母は帰り際にあの言葉を言ったんだろう・・・・母としては、おばあちゃんとしてはしごくあたりまえ


なのに私は腹が立った・・・そこにはどんなデータが働いたんだろう?

まただ!!!いつまでたっても!!!!!!・・・・これがポイントだ

過去、自分が認められていないと感じていた記憶を引っ張り出して

そこに怒りを感じていたんだ

今起こっている事じゃない

今を冷静に見つめれば、心配されていたことに気がついた

こないだ母に言われた

「あなたがいつも寝ているから、お父さんがなんか病気じゃないか?って心配してる」って



でもね(私はしつこいぞ!)じゃあなぜ、こんな勘違いをするような出来事を私はおこしたのか?

なぜ母が私に「~しないかん」って言う出来事をひきおこしたんだろう?

って考えてみた


あったよ~やっぱりあった

オリンピック関係のTVを見ていた父と母がモーグルの上村愛子さんを見て言ってた

「この世界選手権の滑りがオリンピックで出来ないかんわなぁ」

「3位には入らないかんわなぁ」

ムカッ!!!としたのを思い出した

なんで3位に入らないかんの?入らないかん人間になるの????


そうここだった

「~せないかん」「~せないかん」 そう言われるたびに

そう出来ない自分を “いかん人間なんだ”と思ってきた

そして いかん人間 にならないために、自分であーせないかん、こーせないかん

そして出来ない自分を やっぱり私はいかん人間なんだ

だから認められないんだ 愛されないんだ


こんな方程式が私の頭の中にはばっちり組み込まれていた


上村愛子さんへの言葉を聞いた時、私の頭の中にはこの方程式が浮かび上がり

そしてそこに囚われた・・・そして認められないと想像してしまうような現実を引き起こしたんだろう



全ての場所に愛はあった

私は私を愛しているから、傷つきたくないって自分を守るために過去の記憶を引き出す
(違う引き出しをあけちゃってたんだけどね)

母もまた自分を愛しているから 母親としての自分を否定しないために
子供をしつけようと思ったのかもしれない

そして私を気遣ってくれているという愛も私は感じている

そしてもちろん この方程式があると自分が苦しいよと私が私に教えてくれる愛が


「~しないかん」 私はこの言葉を使うのをやめよう、人にも自分にも

そこに愛はあるのかもしれないけれど、それはきっと人を勘違いさせるように思う

間違いなく私は勘違いをしていた


そして自分にも人にも そう言いつつけてきた自分を許そう

そうその自分も必死に自分を守ってきたのだから

傷つかないように、愛されるように、認められるように




そうだなぁ「~するともっと良くなるかも」にしようかな?


今日は長い一日だった・・・・あっ昨日か・・・・

こんなめんどくさい日記をここまで読んでくださった方へ ありがとう



気持ち コメント:2 トラックバック:0

似た者同士

2010/02/12(Fri) 23:54
自分にとてもよく似ている人がいるなって思う事ありませんか?

顔じゃありませんぜ・・・性格っていうか在り方っていうか・・・

そういう人に反発を覚えたりしませんか?

良く聞きますよね、あの二人は似すぎているから反発しあうんだって

反発しあう癖に、なかなか離れられない

まぁ家族だったりしたら離れられないんですけど

そうじゃな無くても、なんだか色んな理由で離れられない


私にも今そういう存在が一人います

似てるよなぁって、ついついちょっかいをかけては、その反応にいつも違和感を感じていました

その違和感が何なのかわかんなかったんですけどね

さっきようやくこれかな?ってのに気がつきました

嫌悪感・・・・かな?

友達なんで(私はそう思ってるんだけどなぁ)嫌いってどうよ?

ってたぶん認めたくなくてずっと気がつかないでいたんでしょうけど

あぁ嫌悪感だ!ってしっくりきちゃって

でもそれってもろ私を見せてくれてるんだなぁって思いました

だって似てるんだもん(ははは・・・)

彼女が嫌いなんじゃなくて、彼女の中に見る私のある一面が嫌いなんだ

そりゃ似た者同士が反発するわなぁ

自分の中のいや~な部分は誰だって見たくなくて目をつぶっているのに

目の前に現れてくれちゃうんだもんねぇ

しかも客観的に見てるから見える見える(いやぁ~)


ちょっとスッキリしました

もっとちょっかい掛けてガンガン自分の認めたくない部分を認めよぉ(オー!)

もしかして迷惑かな?
気持ち コメント:2 トラックバック:0

皿回し

2010/02/12(Fri) 22:56
腱鞘炎も治ったし、今日も楽しくガラス教室です

今日はお皿を作ってきました

作り方はコップと同じなんですが、最後にぐるぐる回します

遠心力を使ってコップの形をしていたのを

花のつぼみが開いていくように開いていって皿の形になるのです

このぐるぐる回すのが皿回しのようで

躊躇しているとガラスは薄くなっているので、グニャグニャになって皿が二つ折れになっちゃったりします

熱したら勢いよくぐるぐる!がポイントです


雑技団の皿回しのごとくぐるぐる回していたので、今日はとっても疲れました


ちょっと前まで、好きなことをやっていたら疲れないんじゃないかと思っていました

大好きな友達と楽しい時間をすごしても疲れる私は

実は友達と会うのは自分の望みじゃないんじゃないか?なんて悩んだりしていました

でもこないだかをり先生が、楽しいことをやったって疲れるよぉって言われて

気がつきました

疲れの種類が違うなぁって

楽しいことをやった充実感を持った疲れと

イヤなことをした疲労感では同じ疲れじゃありませんぜ

まぁそんなことにも気がつかなかった鈍ちんな私です

たのしいこと コメント:0 トラックバック:0

大きな自分

2010/02/11(Thu) 19:49
今読んでいる本に書いてあった(「変えれば変わる」ニール・ドナルド・ウォルシュ)

誰かと語り合う。自分自身での心ではない心とコミュニケーションする。
それによって、あなたは自分の心よりももっと大きな、
自分の考えよりももっと大きな「自分」の部分とふれあうことになる。
・・・・・
その外部との対話の中で、別の誰かがあなたに新鮮なエネルギーを
今までとは違った視座:見方を与えてくれる
・・・・


2月10日の日記に書いたことが正にそれだなぁって思った

自分の頭の中で作った小さな枠を発見した瞬間だった

もっと正直に自分を・・・自分だと思っている自分を語ろうと思った

今まで苦しい時、私はあまり人に会いたくなかった

苦しんでいる自分を見せるのが嫌だった

人に不幸だと思われたくなかった

だけど、それは自分の作った小さな枠の中にどんどんどんどん自分を閉じ込める行為だったのだと

気がついた(アーマイゲッ・・・うちの息子版 OH MY GOD)

こんなに不幸だ!と思っているのは、小さな枠の中にいる自分で

それに気が付きさえすれば、それは笑っちゃうようなことだったりするなぁと思った
(まだすべてがそうだとは私には言いきれないけど)



以前に行った、1/4の奇跡 の監督 入江富美子さんのワークショップでやったことも

これだったんだなぁって気がついた

自分が問題だと思っていることを、別の人の視点から

そこにはこんな良い点もある という事を言いあう というワークショップだった



視野を広くする

大きな自分で見る

何度も教室で聞いたような気がするなぁ(笑)


ふふふふふ・・・腱鞘炎は完治しました

気持ち コメント:0 トラックバック:0

HAO

2010/02/10(Wed) 22:25
ガラス51
水差しです

年明け妹がOPENしたCafeに行った時

ホールが一人だから、お水のお代わりが忙しいと間に合ってないなぁって思って

テーブルにお代わりのお水用の水さしがあるといいなぁって思って

勝手に作ってみました

何点か出来たから写メで いらな~い? って送ったら

丁度欲しかったんだぁって グットタイミング

なるべく早いうちに届けようと思います

お惣菜Cafe HAO に行ったらぜひ水差しも気にしてね


肝心のお店ですが、相変わらずのんびり屋なのかHPも出来ていませんが

もしかしたらHP作ったかなぁ?って調べてみたら

お客様がブログに乗っけてくれたのが見つかりました

お店の写真とか載ってます良かったら見てね



http://blogs.yahoo.co.jp/image_for/22784678.html

http://www.dhcblog.com/pinkiti/category_13/

http://az34577momo.mie1.net/c10109.html




写真右奥の衣装ケースは 旦那さんの大切な 亀吉 亀太郎 の水槽です

只今冬眠中
ガラス コメント:0 トラックバック:0

CHANGE

2010/02/10(Wed) 08:25
ガラス50


寂しいのは

・・・一人だって思うから

一人じゃないって気づいた時 それは静寂な時間に変わった


劣等感は

・・・私には出来ないって思うから

私にも出来るって気づいた時 それは希望に変わった





~お知らせ~

2月26日~3月10日まで
名古屋市北区にある“尼ケ坂サロン”で通っている教室のガラス展があります
私も指輪立てを何点か出します

近くを通られたらぜひ立ち寄って手に取ってみてください
もちろん気に行ったら買ってください(笑)
ガラスと気持ち コメント:0 トラックバック:0

鈍ちんな私

2010/02/10(Wed) 00:45
またまた腱鞘炎になりました・・・

それからもうひとつ、ここ最近ずっと心に引っかかる感情がありましたが

それが恐れであることにやっと気がつきました


私って本当に鈍いなぁって思います

今幸せを感じているんだなぁって気がつきました

それを無くすのが怖かったみたい


そしてこの幸せは 楽しいことが出来ているから感じているんだとばかり思っていました

今はガラスが出来ているから


だから 腱鞘炎になったり もう一つの理由でガラスが出来ないんじゃないかって思った時

すごく怖くなった

ガラスが出来なくなることじゃなくて この幸せをもう感じられなくなるんじゃないかって

そう思ったみたい


失う恐怖をちゃんと感じた時 ずっと胸のあたりから 大丈夫大丈夫 って声が聞こえてきたけど

なんにも大丈夫じゃな~い!!!って頭が反発してました

でも 今日すごく楽しそうな事をしている友達に、それを無くすことは怖くない?

って聞いたら ぜ~んぜん怖くない様子で(笑)

それを見たら、なんだか怖がってる自分がバカみたいで

あぁそっか、そんなもの無くても幸せは感じられるんだ!って

気持ち コメント:0 トラックバック:0

正直に

2010/02/05(Fri) 02:41
正直になろうって思いました

自分が思っていること

自分が感じていること

それをそのまま受け入れようって


そんなこと思ってたのぉ~ って人に話したら軽蔑されそうな思いでも・感情でも

確かに私の中にあるのだから

それを受け止められるのは私だけだから

それがあることに目をつむっても 目をそむけても 

どんなに逃げても それはそこにあって

それをごまかしていたら、偽りの自分でいるままになるから


今ならそれを受け入れても 私は私 で変わらないように感じているから

まず無意識に作り上げた自分を0(ゼロ)に戻すんだなぁって思った



どんな思いがあっても、どんな感情が湧きあがっても

それが ある って認めないかぎり

その思いを変えることも 無くすことも出来ないなぁ ってようやく気がつきました


最初から無いものと自分を偽るのではなく

在る と認めて、初めて変えることも出来る


今のありのままの自分から 自分好みの自分へと


今日会った友達が 何のために生きているのかわからない って言っていました

人生を楽しむために生きているんだよ って言いましたが

言っていて何か違和感を感じていました

そこには楽しんでいないことを否定する自分がいることに気がつきました


気がついた今ならこう言うかな?

何かのために生きなくていいんだって思うよ

意味を求めなくてもいいと思うよ

今 自分が喜ぶことをしていくとおのずと道は開かれていくと思う

これが正しいのかどうかはわかりません

今私はこう思うだけです

明日は変わっているかもしれませ~ん(笑)
気持ち コメント:3 トラックバック:0

お小遣い

2010/02/01(Mon) 08:26
ここのところの息子の流行りは ベイブレード

昔のベイゴマの現代版みたいなものです

テレビのアニメで放映されていて、強いキャラのもっているベイブレードは

人気であっという間に店頭から消えてしまい

ネットやリサイクルショップでプレミア価格で売っているのです


彼は昨日手持ちのDSのカセットをリサイクルショップで売り

そのお金でさっそくプレミアベイブレードを手に入れてきました

その嬉しそうな顔


息子はものに対する執着がすごくあります

何かが足りないからものにその代わりを求めるんだ と

今までそういう息子を否定していました・・・結局そういう自分を否定していたのですが

欲しいものは欲しい 足りないものは足りない のだから、そこにどんな思い込みが働いていようと

まずはその気持ちを受け入れるところからですね


昨日息子は誕生日でもクリスマスでもない時に、自分のいらなくなったものを

手放すだけで自分が欲しいものを手に入れる という経験をしました

今までは 特別な日 苦労して手に入れたお金 という

高いハードルを経て手に入れたものを

息子の満面の笑顔を見たとき、それでいいんじゃないかな?と思いました

苦労しなくても楽しく欲しいものが手に入る現実

だからってホイホイなんでも買ってあげるわけではありません



そんな気持ちになった後、ふとお小遣い制度も見直してみようかな? と思う出来事がありました

我が家は基本のお手伝いを毎日することで定額制のお小遣いを渡しています

ただ1年生の息子と3年生の娘では金額が違います

今までお姉ちゃんは3年生なんだから高いんだよ、お姉ちゃんの1年生のときは

君と同じ金額だったよ と何度説明しても彼の中ではいつも自分が少ないという思いが消えませんでした

そしてそんな彼を責めていました

でも、確かに今現在を見れば同じお手伝いをしているのに(2種類のお手伝いを交代で)

出来栄えも変わらないのに・・・金額が違う・・・確かに納得いかんな


最初 不公平感があるなら、いっそ無しにしてしまえば公平じゃん! と極論に走りそうになりましたが

それは・・・楽しくないですな、ハイ

でも出来高制にすると、気分が乗らない時はやらない っていうのは私がやだなぁって思って

基本給+残業代 みたいにしよう! って

今までのお手伝いは1月やって100円・・・これが基本給

基本給分の働きが無ければ 他の労働をしても無し

基本給分の働きをして、ほかの労働もすれば過給されていく方式

これだっ!!!!


さっそく今朝子供たちに話してみたら、もともとお手伝いを良くしてくれるお姉ちゃんは

基本給が今までもお小遣いを大幅に下回ることには全然問題は感じていなくて

むしろ毎日洗濯物をたたむとひと月で○○○円!に二人とも大興奮


息子の頭の中はきっと高額なお小遣いを手に入れて プレミアベイブレードを

手にした自分の姿が思い浮かんでいるんだろうなぁ って顔をしていました


苦労をせずに手に入れる・・・とはちょっと違いますが

それが今の私のテーマでもあるなぁって感じています


自分の望みは努力や苦労なくしては手に入らない という思い込みから

自分の望みは楽しいことをしているだけで手に入る への書き換え

それが出来れば、もうちょっと違うお小遣い制度が出来るかもしれません

それとも、このお小遣い制度を子供たちが楽しく感じてくれるかもしれません

それは私次第

自分を見つめながら、ことの成行きを楽しく見ていきたいと思っています




気持ち コメント:0 トラックバック:0
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。