ひなたぼっこ

2017 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

ただいま~ いい写真撮れたよ~

2015/09/11(Fri) 10:48
150911



“繋がる為に 孤独を感じる” 仲間のblogに書いてあった言葉です

最初見た時はスルーしていたんだけど さっきその言葉を見た時 あぁなるほどな と
この感覚をどう言葉で表せばいいんだろう?

例えば 真実の実 みたいなのがあって
それを食べたら その背景ごと 感覚で理解がやってくる みたいな感じ それは その実の中にその知識が入っているわけではなく
その実は スイッチで もともと自分の中にそれを知っている部分が眠っていて そのスイッチを押される みたいな

でも その実は それを経験し 本当に理解している人のエネルギーが乗っていないと
ただの実でしかない みたいな


本当に理解している本体があって そこから出される実が ツールなのかな って思った
それは 言葉でも 絵でも なんでもいいんだけど 本体が理解していないと ただの実になっちゃう



反抗期 ってこの言葉に近いかな? って思いました
親に反抗して反抗して それでも大丈夫ってわかったら 本当に自分の世界を作る為に巣立っていく
もしかしたら 反抗期ってそういうものかもな~ と

親との繋がりを確認して 一人で旅立てる・・・ う~んちょっと違う意味もうかんだけど まぁいっか^^


昨年から メガワークの為に名古屋に来てくれる師匠と仲間で撮影会に行っています
撮りたいものがあると みんな先に進んでいても その場にとどまって あれっ?○○どこ行った?
ってことがよくあります

昨年の撮影会でも 東京から仲間が来て参加していて 土地勘がないのに 後ろのほうに留まるヤツがいて^^
でもね そこに信頼があるのだと思ったのです ちゃんとその輪の中に戻れる って
だから安心して 自分のやりたいことをやれる

そして 輪の中にもどって 自分の楽しかったことを共有する 刺激を受けて 喜びを増幅させて また旅立つ

それが出来るよ そういう世界があるよ ってずっと言われて エネルギーで伝えられてきたことを この撮影会で体験的に教わって 
ニュアンスは違うかもしれないけど あの言葉を書いた彼女はそれを理解しているんだなって

私が 僻みを受け容れられたのは おぼろげながらもそういう世界を体験して こっちに行きたいって思ったからだったな って
このままそれに捕らわれていたら そっちには行けない って


ここしばらく 低空飛行していて 自分がなにをしたかったのかわからなくなっていたんだけど
経験してきたことを 浸透させて 理解をもって進む そんな準備をしているのかもな って思った







自分力ワーク コメント:4 トラックバック:-

信頼

2015/05/30(Sat) 14:33
150530
子供のころ 実家の薬箱にはこんな富山のお薬が入っていた
完璧ではなかったけれど 思い出してみると そこには無償の愛があったな と感じる




どんな行動にも動機があると思う(意識しているにしろ 無意識にしろ)
自分の行動の動機が 想いやりの気持ちであったとしても 私はいつも不安と共にいた

それは 常に自分の中に それとは真逆にあるような自分がいたから

どんなに想いやりで行動していたとしても それは本当だろうか? と思うのだ
自分の中の その 意地悪な 相手を貶めてやろう とか 相手の不幸を喜んでいるとか
そんな自分で行動していたのではないだろうか? ずっとその不安があった

自分を信じ切れなかったのだ

今月師匠に言われたのは
自分には愛と 優しさと 想いやりがある その一点をもって自分を信頼出来る
それは 他人に対しても 自分に対しても そう行動してきた と

自分の否定的な部分に対しては それらをもって受け止める 否定的な部分があってもいいんだ と
外にむかっては そのうえで 愛を選択して行動する

そうしてきた自分への信頼がある と


その言葉を聞いて そしてある出来事を通して実践してみた
言うほど簡単じゃ無かったです 反射的に自分の否定的なパーソナリティが反応して
100%愛ではなかったと 自分でもわかります

その未熟さに2日間ほど悶絶していました

でもね ただ未熟なだけなんだな と思ったのです それはとても痛いことだけれど
その痛みをもって 次にいかせばいい
ちゃんと痛みを受け止めて 次に生かそうとする それは 愛と想いやりと優しさを実践していこうとする自分だな と
それは信頼できるじゃないか と

と同時に 今まで 相手を想いやらないとか 考えが足りない とか そんな風に見えていた他者も
ただ知らないだけなんだな ただ未熟なだけなんだな と思えた
そこをもってその人を判断していたりしたけれど そこじゃない
何を基準に生きて行こうとしているのか 師匠がみてるのはきっとそこなんだ



この前 バシャールの動画を見た その中で彼が「I love you   ALL  EACH  FOREVER I love you」 と言っていた
それを聞いた時 師匠が私達に発する 「愛してるよ」 という言葉の波動と同じものを感じた

なんて言葉で言えばいいんだろう
表面的じゃない 深いところからくる 深い所に響く  きっとあれが 無条件の愛 の波動なんだなと思った
包み込むような 大きな 優しい


まだまだ 行動しようとするたびに 未熟な自分に悶絶するんだろうけど
愛をもって行動しようとする そこをもって自分を信頼していける それは 大きなおおきな希望だ






自分力ワーク コメント:0 トラックバック:-

ざるの目のような

2014/08/24(Sun) 13:29
140824


昨日 今月の自分力ワークが終わりました


今回も 面白いことがありました

今回 土曜日のグループワークの前日に 個人セッションを受けました

前日最後の枠で受けたので 夜11時近くに終わり そして翌日朝11時ごろにまた会うのです


翌日ワークで会うと Mizzyから 「なんかあった?」と聞かれたのです

まったく身に覚えはなく 朝からバタバタして 疲れているくらいかな と


でも それが午後の 波動スピーカーを使ったワークの時に わかりました

波動スピーカーを聞きながら 瞑想をしていると 午前中の自分の行動が思い出され

自分の意識が ざるの目のように荒かったな と思ったのです


発言する言葉 行動が とても反射的で

相手の想い そこにあるものの想い 自分が行動する根本 

それが スカスカで 大切なことが その荒い目には引っかからず 

だだもれていき なんていうのかな~ ものすごく動物的な反射で 行動していました


要するに 相手を思いやるかけらもない所で 反射的に発言していたり

行動もものすごく視野が狭くて 全体に気を回すことが出来ない(いや 出来ていたわけじゃないんですけどね)


Mizzyが 今朝言っていたのはこれだ~ と思いました

そして その荒い状態は 日常の無意識な時 まさにこの状態なんだと気がつきました

それは私にとっては日常よくある状態で だから言われても気がつかなかったんだな と


波動スピーカーで瞑想していると しだいにその荒い意識が細かくなっていくのがわかります

色んなことに 細かく繊細に意識が向くようになる という感覚かな


例えば 人の話を聞くと その背景が見えてくる とか

モノを見ても そこにある背景 思い のようなものが見えてくる という感じです



この 両方を認識した という体験は とても面白く 自分をとらえやすいなと思いました

しかし わずか12時間の間に あっという間にその状態に戻ってしまうんですね


より意識的に 繊細に ありたい





自分力ワーク コメント:0 トラックバック:0
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。