ひなたぼっこ

2018 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03

力2

2018/02/18(Sun) 17:22
前の記事を書いて気づいた
私は 暴力とか 怒りとか 
そういうものが 力を持つ そういう世界を信じていたんだな って

だから そういう世界が 外に展開している

自分が選べるんだ

優しさとか 想いやりとか 情熱とか 楽しさとか
そんなものが力になる

そう信じて そう行動することで その世界に自分が移行するんだ




自分力 コメント:0 トラックバック:-

2018/02/18(Sun) 15:40
最近の自分を見ていて つくづく何かをコツコツしていくことが出来ないな と思う
こないだも 簡単ではないギターを早々に諦めようとしたし
そうかと思えば ごく簡単なことでも なかなか続けていくことが出来ない

それでも 続けられたこともある
その違いは何か? と考えると 私にとって取っ掛かりは簡単なこと
もしくは すぐ効果が現れること かなと

先月の自分力ワークで 私の強みは優しさだ という話が出た
だけど 私には優しくすると損をする系の観念がある と

よくよく考えてみると 損をすると同じことだけど
優しくすることは無駄なことだと思っている

子供のころ 私の見ていた世界は 力がものをいう世界だった
父や 叔父 従兄弟の乱暴なお兄ちゃん 小学校にあがった時初めて出会った乱暴な同級生 怒る姉

母や祖母を想い行動して 父の逆鱗にふれたことがあった
母や祖母は 私の想いにはふれず 父を怒らせた私の行動を
咎めることはなかったけど 感謝もなかった

保育園では 乱暴な子や 意地悪な子はいなかったという記憶になっている
小学校に入って 乱暴で意地悪な子が怖くて
学校に行っても 勝手に帰ってきてしまう私に困った母は
保育園の先生に相談して 私と先生で話をしたことを覚えている 
内容は覚えていないけど 私は強くなろう と決めたことは覚えている

力が大切

思春期を迎えると 外見や 何かが秀でていることが力を持つんだ と思った気がする
あのころ私を支えたのは ソロバンと学力と少しの運動神経だったと思う

優しさや繊細さが 私の支えになることなどなかった

小学校の高学年のころ 私はよく 入院していた祖母のところに行っていた
お小遣い目当てのところもあったけど 自転車で30分くらいかけて
祖母の下の世話もしていた
けど それを父母に誉められた記憶はないし
私自身もそれを 優しさだと認識したこともなかったけど

孫に甘かった祖母や 私を否定することがない祖父を私は好きだったし
今思うと 優しい気持ちになれる その環境が私は好きだったんだと思う
でも 優しさを認めない私には お小遣い目当てなだけ って思いがずっとあったんだな って思う

無駄か 無駄じゃないか 損か得か
全てをそこで見ていて そこに隠れた自分の大切なものは見えてなかった
だから何もない と思っていたし 
優しさがあるのに そうでない基準でものごとを考える自分に傷ついていた

優しさはパワーだ
それが自分の力になる と今は少し信じられる

同じように すぐに 直接的な効果が見えない コツコツする必要のあるものも
無駄ときり捨てていたけれど 私のパワーになると 信じてみる価値はあるな と思ったのです

自分力 コメント:0 トラックバック:-

今日は

2017/04/22(Sat) 00:33
今日は 4月の自分力ワーク 個人セッションでした。

なんか 大切なこと 色々聞きました
が 今 頭が動いてないので、細かいことは覚えていません

覚えていませんが、なんか大丈夫なんだな って感覚になってます
なんも変わってないし、なんか行動したわけではないけれど


先月のセッションで 義理の父に見る(反映として)自分を
私が受け止めて癒したとき それは波動で伝わり
なんかこの嫁は わかってくれてる と義父は感じるんだ
って話を聞いた

あれは こういうことかな って


って 書いてるそばから 不安が顔をだ~す(^^;
それも 私っぽいな って思う






自分力 コメント:0 トラックバック:-

先をゆく人

2016/10/29(Sat) 04:40
 嬉しい出来事は 結果だと思っていた
確かに どんな自分も愛する と決めたことの結果ではあったと思う

ただ 抜けていたのは 結果であり 始まりでもあったということだ
嬉しい出来事を行動にうつすということは、私にとっては自分を拡大することにあたり

それをするために 必要な工夫は 結局 どんな自分も愛することに繋がるのだと


どんな自分も愛せたからの結果ではなく
どんな自分も愛すると決めたから そのためのステージが準備されたということだ

危なかった~(^o^;)
結果でた~ ラリホ~♪ で終わるとこだった(^^;


今日は 10月の自分力ワークのセッションでした
師匠の話すそれらの事は 私の想定範囲外のことなので
なかなか頭に入ってきませんでした

入ってこないと言うか、上に書いたように色んなことが繋がっていかない
セッションが終わって 少し落ち着いてみると その繋がりが見えてきた(それだって一部なのかもしれないけど)

今日 話されたことは 凄く大切なことだったと思う
起きた 嬉しい出来事が 次にちゃんと繋がっていく

多分 自分一人で 自分の範囲内で考えていたら 一過性の嬉しいことで終わっていたかと思う

平面上で その出来事を見ている私には それらの事の繋がりは見えていなくて
でも 先に行って 上から見ている人には その全貌が見えてるんだな~と


そことここが繋がっていて こっちに繋がる道があるよ 
迷わないよう 先を照らしてくれる

でも その道を選んで歩くのは自分
それさえ こっちに進んでも大丈夫 と希望を見せてくれる


行く道を 先に行っている人の存在があるこの環境は
かけがえの無いものなんだな と改めて感じました



自分力 コメント:0 トラックバック:-

この波動こそが

2016/05/29(Sun) 09:28

昨日 今月の自分力ワークが終わりました


何かに気づく瞬間  師匠や仲間と過ごす楽しい 心地よい瞬間

その時 感じている波動


その波動と 外側のいいこと には物理的には因果関係は無いように見えるけれど

その波動こそが 望む現実を創るのだと 静かにゆっくりと自分に浸透させていく


この波動が 次へと繋がっていく



今日は天気がいい 部屋でリクライニングチェアに座っていると心地いい

その片隅で 何がしなきゃ と焦りを感じている自分もいる

意識はそこに引き込まれそうになる


うまくいっている

それは そう思う自分もいる その存在を自分のものと受け止めるチャンスなのだから


とりあえず 歌でも歌って 踊ってみるか(^^)


楽しくなったら 自分に言う

この波動こそが 望む現実へと繋がっている


すぐには 信じられなくていい それは浸透して いつの間にか私の中心に来るから

そんな経験をしてきた





自分力 コメント:0 トラックバック:-
 Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。