ひなたぼっこ

2017 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫03

今書きたいこと 3

2011/06/23(Thu) 00:01
この話は あくまで私が体験して感じた話ですので

これが正しい というものでは ないことを前提にお読みください



つづき



それらの感情は 何かが起こっているから感じるのだとずっと思っていました

それらの感情を感じ続けるのは 自分に何かが足りないからだと思っていました


でも そうではなかった


nanaさんjoeさんのリトリーとに行ったとき 花いちもんめが嫌いだった

リトリーとに行くのが怖い と助けを求めた私に nanaさんが話してくれたこと

それは 今までにも何回も聞いていたことだったけど

初めて私の心に入ってきた


本当は一つに繋がっているんだよ


その時はわからなかったけど でもそれは私の中に残って

そして そうであるなら 私が感じたくない と思っていた感情は

感じなくなる と思い始めたんです


そして 私はそれを体験することを求めるようになった

その体験をすれば すべてが解決するように感じて


で すんなり体験したのか? って へへへ~ しません

体験できない自分には 何かが足りないんでは? なんて

またそこに戻ったりして


そしたら阿部さんのブログに色んなヒントが書いてあって

何かが足りないわけじゃない それはハプニングのようにやってくる って


おいおい じゃあどうすればいいの? って

自分の力じゃどうにもなんない お手上げ 今できることをして待っているしかないじゃん



これを書いていて気付いたけど

ここで自分でどうにかしようって思いを一回手放してるなぁ


これのおかげなのか なんのおかげなのか 色んなことをしていたので

でも それを体験していなくても そうなのだから

そうであろうと決めたんです

愛である 気が付いていないだけ だというのなら

愛である と信じて震災地に祈りを送ったり

一つである 気が付いていないだけ というなら

感じたくない感情を感じたら そうだった一つである自分なら感じないことだ

分離していると思っている小さな自分だから感じるんだ

その分離していると思っている小さな自分を許していこう これ以上自分を傷つけるのはやめよう


こんな書いてるようにはうまくいってなかったですよ

でも そんなことをしていたら 今思えばそこに向かって流れていたんだな

と思うような出来事が起こって そしてミッチー先生の誘導瞑想で 自分が愛である という体験をしました


で その経験を振り返って思うのは

何かが出来ないから とか 何かが起こったから 不安になったり 孤独を感じたり

無価値観を感じたりするんじゃない と思うのです


ただ分離していると思っているだけ そこから生まれる不安感を

現実のさまざまな出来事として経験して 

そして 一つに押し戻そうとされていたのだと



なんでこれを書きたかったのか 今もよくわかんないけど

一つであることを もっと確かなものにして そしてそうである人生を創造していきたい

繋がっていることを感じながら生きていきたい

そこに進むために 必要なような気がして・・・気のせいかも^^



なにはさておき 長い話にお付き合いしてくださったかた 

ありがとうございました
書きたいこと コメント:2 トラックバック:0

今書きたいこと2

2011/06/22(Wed) 15:39
つづき


そうして 子供の手が離れたその時 私のそれらの感情はどうなったのか?

不安 無価値観 孤独感

それは増して行ったんですね~ OH MY GOD!


家にこもって子育てをしている最中って 一人で子育て だから 孤独感を感じても

当たり前だって ある意味納得出来ますよね?

でも連れ歩けるようになったり 少し手が離れたりしても感じる孤独感

周りに人がいるからこそ感じる孤独感

こりゃなんだ? ってなるわけです


そして いつ泣くかわからない子供 いつ病気するかわからない子供 と

対峙している時期を過ぎ 日々不安を感じることがなくなったのにもかかわらず

感じる なんともいえない不安感


一度感じ始めたそれらの感情はとどまることを知らず 私の中でどんどんどんどん

大きくなっていって しまいには不安障害なんて名前を病院でいただいちゃったりして



そうしてスピリチュアルの門を開いちゃったんですね バーン!

・・・いや きぃ~こそっ って感じかな^^

書きたいこと コメント:1 トラックバック:0

今書きたいこと 1

2011/06/22(Wed) 09:15
今書きたいことがあって 何度もチャレンジしているんだけど

思ったように書けなくて

いっぺんに書こうと思うと すんごく長くなっちゃうので 少しずつ書いていきます



私は子供が生まれてから すべてのことに不安を感じるようになりました

つい最近まで 子供が生まれたからだ って思ってました

いつ鳴くかもわからない いつ病気になるかもわからない 毎日不安で不安で仕方がありませんでした

そして孤独感も増していきました

子供に縛られて自由がきかなくて 感じている不安感を誰もわかってくれない


でも 今思うと その不安感は その不安定さは ずっとあったのだと思います

ただ独身で 自由が利いて それらを感じないように 

足りないという思いを何かで埋めたり 孤独を感じないように誰かといたり

そうやって日々ごまかしていたんだと思います


自分の内にある それらの感情を

外に外に何かを求めることで 感じないようにしていた


子供が生まれて それが不可能になった 自分の感じているそれらの感情がある

ということをたたきつけられた感じかな?

でも あのころの私は まだそれがわかっていなくて

子供が生まれたからだ 自由がなくなったからだ 子供の手が離れれば

いつこの子育て地獄は終わるのだろう? そんなことを考えていました



タイムオーバーなので 続きはまた
書きたいこと コメント:0 トラックバック:0
 Home 

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。