ひなたぼっこ

2018 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03

ほいほい

2018/01/09(Tue) 14:19
只今 三重県の青山高原に来ております
義母の義兄のお葬式に
義父が体長が悪く運転が出来ないので運転手(義理だらけやな)

それがまた 義母の義姉の足がないので(どこまで続く義理だらけ)
迂回して3時間半の道のり

なぜこの現実を作ったのだろう?と思っていたら
昨日シェア会で気付きがあり
(おそらく この気付きがなければ もう1ヵ所迂回していた)
今日 只今待ち時間中に 引続き自分の声を聞いてみた

どーして私が行かなきゃいけないんだ
お前もほいほいなんでも引き受けるなよ
人に優しくするまえに 自分に優しくしろ!!!
でも 今回は断れなかった?
ってか ここまで来る前に気づけよ!
三重まで来なきゃ気づかなかったんかい!!

…はい ごもっともな突っ込みにぐうのでも出ません

そして 面倒な話を持ってきた義父に対しても

そりゃ頼むほうもいい迷惑やで
お義父さん調子悪くなって協力したんやろ?
もっと普段から自分に優しくせーや

と…  はい
ばかだな~と ちょっと愛しい感じになっています

さてまだ待ち時間があるから
ほいほい引き受けちゃう自分の声も聞こうかな






気持ち コメント:0 トラックバック:-

わかってくれないのは

2018/01/07(Sun) 08:50
自分が苦手な何かをするとき
初めての何かをするとき
思ってる以上に 負荷がかかっているのだなと初めて気づいた

負荷 と言うか 恐れを感じているのかな

それに気づかないから 例えば誰かのためにそれをしたら
その見返りを求めるし
自分の為であるなら 頑張ってる自分をねぎらってほしくなる

見返りもねぎらいも得られないと
わかってくれない と怒りだす こんなに頑張ってるのに
あなたの為に頑張ったのに

あぁ怖いんだ やりたくないんだ と気づいたら
他者への依存は消えた

誰かの為にしたそれは 優しさからだったし
自分の為にしたそれは ただただ自分の為だったし
恐れを感じていることを自覚した上で それでもやるのか
選択すればいい話だった

わかってなかったのは 私だな

いや そんな大層なことがあったわけではない
今年 町内の班の班長をしていて 旦那の変わりに急遽
集まりに参加することになっただけなんだけどね(^^;





気持ち コメント:0 トラックバック:-

この形で

2018/01/05(Fri) 01:33
この形で愛されたい

それがどんなに理不尽な望みでも
それがどんなに不毛な望みでも

それを望んでいる私がいる
そうでなければ 愛されていない と思っている私がいる

それが真実でないことを知っている私もいる
それを握りしめているかぎり 幸せは感じられない
と知っている私もいる

でも そうだからといって
それは真実でないから 違う選択をしようね と言っても
この形で愛されたい私はそうは出来ない

その私ごと そう望むに至った自分ごと 包み込む

そうすると少し見えてくる
それすら 自分の選択であったということが








明けましておめでとうございます
今年も一年楽しんでいきます(^^)






気持ち コメント:0 トラックバック:-

よいお年を

2017/12/31(Sun) 23:00
今年の年末は大掃除しなかったんだけど
今日になって、しかも3時ごろになって キッチンの掃除

コンロ回りを掃除していた時
一年ありがとう って気持ちがわいてきた

とても小さなことだけど
自然にこの気持ちがわいてきたのは まぎれもなく 今の私だからだと思う

今年も一年ありがとうございました。




気持ち コメント:0 トラックバック:-

ちゃんと聞く

2017/12/29(Fri) 02:35
最近 ほんの少しだけど 体操をしている
ホントにほんの少しなんだけど そのほんの少しがやりたくない

色んな時間にやってみるが、夜に持ち越すと もうホントにやりたくない
夜は無理だなと 今日は朝やろうとするが やっぱりやりたくない

やりはじめは うつ伏せから始めるから
フコフコ絨毯の上に寝転ぶと 今日は日が射していて暖かい
無理にやるのはな~と やりたくない人に聞いてみる

なぜやりたくないの?

最初は頭で答えをみつけ こういうことでしょ と
決めつけようとしていたけど
それは 全然聞いてないよなと思い
自然に答えが出てくるのをまつ

なぜ やりたくないの?

答えは帰ってこなかったから 
話してもいいって思ったら話してね と伝える

その時 ふっと何かが緩むのを感じて
自分の中に小さくうずくまっている自分がいるのがみえた

その時 あぁ何も否定しないとは こういうことか と思った
そして これはずっと師匠達が私にしてきてくれたことだと思った
今度は私がわたしにそうすればいいのだと

うずくまっている私は 結局何も言わなかったけど
ハートの辺りから何かが吹き出してくるような感覚を感じた
その後 掃除をしようと思いつき…体操じゃなく(^_^;)
でもその後無事に体操も出来ました

うずくまっている私は きっと拗ねているのだと思います
ずっと言いたいことを聞いてこなかったから
優しく 辛抱強く 何度でも その私と向き合っていこうと思いました








気持ち コメント:0 トラックバック:-
 Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。