ひなたぼっこ

2017 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

暑さのせいにしておこう

2017/08/10(Thu) 15:59
 あぁ 恥ずかしい~(>_<)

さっき 製作を始めようとして 酸素ボンベの流量計を開けようとノブを回したら
うんともすんとも 言わない…

(゜〇゜;)困るじゃないか! 流量計が壊れたら製作が出来ない!
そっこう 販売元に電話したけど、最短で明日にしか流量計は来ない

んじゃあ とボンベ屋さんに電話したら、取りに行けば代用品貸してくれるって

んじゃあ 行くべ~ と
ガスの元栓しめて、酸素の元栓しめて… んっ?





…もとせん…



酸素の元栓って ガスとは違い、専用のコックが別にあって 開閉するときそれを使う
開けてあるのがわかるように、開けたあとはそのコックをつけっぱなしにして
閉めたとき 外しておく…んだけど…





あれっ? コック… ついて…な…な…ない?

(゜ロ゜)(゜ロ゜)(゜ロ゜)(゜ロ゜)(゜ロ゜)(゜ロ゜)



はい… もうおわかりですね…

流量計は…壊れてませんでした
うんともすんとも言わなかったのは…







…元栓があけてなかったから







あぁ~(>_<) 
はい 速攻 販売元とボンベ屋さんに平謝りの電話

元栓 空けてませんでした~m(__)mm(__)mm(__)mm(__)mm(__)m



二人とも 乾いた笑いで対応くださいました(^_^;)


はぁ~ ちょ~~~恥ずかしかった~(>_<)
なにやってんだか? お~ち~つ~け~

胸にしまいこむには 恥ずかしすぎて 本日2つめの投稿(^^;











未分類 コメント:0 トラックバック:-

自由って

2017/06/15(Thu) 08:35
 昨日から 自由について考えていた
今 社会が動いていて 私はそこに何を見ていて
そして自由とはなにで、今私がするべきことは何か を考えていた

そうすると、恐れに縛られた 囲われた世界が見える
そこでは みんな無力で その枠の中にある 限定された力を奪いあっている

自由って そこから出ることだと思う
恐れに囚われて そこに居ることを選択すると どこまでいっても自由はない


では 今私に出来ることはなんだろう?と考える
行動として出来ること

明後日からの出店で いつもとレイアウトを変えようとしているけれど
それってどうなんだろう? と不安になる
いつものようにしたほうがいいかも… と

これだって そうだな って思った
恐れから 案パイを選ぼうとする

自分を信じることだな って思った
それが浮かんだ自分を そしてどんな結果も受け止められる自分を

小さなことだけど そこから
自分の人生を 自分に取り戻していく

そう考えると こないだショックを受けていたことも
私に軸があれば大丈夫になるな と思った

流されるのではなく、そういうものだからではなく
想像力をもって 自分で決めて、自分で受け止めていく


今日は 少しだけシェア会へ

 





未分類 コメント:0 トラックバック:-

なんだろ

2016/10/15(Sat) 23:34
20161015233838807.jpg 

今日は 月一 ガラス教室で彦根へ 
帰りに足を延ばして 大津まで 新しい電気炉を取りに行って来ました

ガラス教室では 新作のアイデアが見えてきて
ガラスの業者さんのお店では、色々サービスしてもらったり
最近悩んでいた技術的なことを教えてもらえたり

お店へ向かう道のりの 空がすごく綺麗だったり
彩雲をみたり 夕日が照らす琵琶湖の湖面がすごく綺麗だったり

とってもいい一日だったはずなのに
なんだか 寂しいような 開いていけない

なんだろう?


とりあえず 疲れたので お風呂に入って寝ます




未分類 コメント:0 トラックバック:-

やっとわかってあげられる

2016/09/24(Sat) 03:02
今日は 今月の自分力ワークのセッションを受けてきました

もうずーっと自分の中では どうしようもなく存在していた体形に関するコンプレックス
ここんとこそれがクローズアップされてきて でも向き合おうとすると袋小路に入っていくような

そこを話の発端に始まったセッションは 私の中の 愛されない想いに行き着きました
ここでも何度か書いていますが 母の思うような自分ではいられず 私は自室にこもるようになりました

そこで私は食べていたのです 足りないことに気が付かないように 足りないものを埋めるように


今日 愛が足りない という自分に気が付いて その自分が顕在意識に上ってきたとき感じたのは
怒りと あきらめでした

自分がこんなに絶望的に諦めているなんて思いもしませんでした
もう なにをしても無駄だと どうせ何も変わらないと

あの頃と 同じ感情を感じる状況を今の家族との間にも作り上げて
そこでも 愛されない と感じていたんだと気がつきました

だから長い時間家族といたくなかった でも一人になるのも辛かった
だから食べていたんだ そこで感じているものをごまかすように
あのころと同じように

そして強く絶望していた 何をしても無駄だと
思えば それって ダイエットに対する考えも そこから来ていたのかもしれない


愛されている と思う出来事を話す人と向き合うと いたたまれない気持ちになっていたのも
それだったんだ その自分が反応していたんだ

ここ最近 愛されている そういう世界を選択して そういう現実を創造したとき
そんなわけはない と被害妄想のような想像をしていたのも その自分だったのかもしれない

あの実家の自室に置き去りにされた私を ようやくそこから出してあげられる気がして希望を感じている


愛が足りない 愛されない と感じているその辛い気持ちを
やっと感じてあげられる

足りないから 埋めるために食べる気持ちを
愛されていない その辛さを感じないようにするために 食べる気持ちを わかってあげられる
あぁ こんな気持ちでいたんだね と
こんな風に感じていたんだね と

あの時 受け止められなかった気持ちを ようやく
胸が締め付けられるように痛い 

ここで いつも何かを操作しようとする でどうなるの?って思う
でも まかせよう この痛みを抜けたところに きっと何かがある





未分類 コメント:0 トラックバック:-

スマホが壊れました

2016/05/24(Tue) 21:37
スマホがこ~わ~れ~た~
只いま代替え機種使用中のため lineなど出来ません
連絡はメールでお願いしますm(__)m
未分類 コメント:0 トラックバック:-
 Home  Prev

sora-iro glass

カテゴリ

リ ン ク

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

hi ro ko

Author:hi ro ko
自分とは何か どうしたら幸せになれるのか
そんな思いから 2008年 ライフビジョンワークス坂下宏光氏に師事
自分を知り ワクワクすることに従うことで人生が開けてくることを信じ
2008年 ガラス制作活動も開始

ものにも意識がある 制作者のエネルギーがのる
日々の暮らしと 制作を通して 自分を調和・統合し
共鳴を生む作品を目指し
現在イベントへ出店しながら 制作活動を続けています
HP http://sorairoglass.jimdo.com/

※掲載物の無断転載・複写・複製及び商用利用は 固くお断りいたします。